読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【2016年1~6月】SIMフリースマホを、MVNO(格安SIM)と共にまとめてみました。

f:id:tonashiba:20151010005633j:plain

どうもこんにちは、ブログの中の人です。

 

さて、今回は、2016年の1月~6月に販売される(された)SIMフリーのスマートフォンを紹介していこうと思います。新しいスマホが出たら追記するので、ブックマークおススメです。

 

2月発売のSIMフリースマホ

arp「AS01M」

ブルーライトカット保護フィルム arp AS01M

ブルーライトカット保護フィルム arp AS01M

 

キャセイ・トライテックという新しい会社が立ち上げた新スマートフォンがこちらの「AS01M」。価格は22,800円(税抜き)なので、まさに格安スマホです。

 

スペックはメモリ3GBも積んでいるんですけど、CPUがちょっと弱くて、クアッドコアのMediaTekの1.0GHz。この価格ならもう少しお金を出して、ファーウェイのp8Lite買うかなぁ、という感じですね。

 

現在は格安SIM提供会社(MVNO)での、直接取り扱いはありません。

 

3月発売のSIMフリースマホ

ASUS「Zenpone Max」

f:id:tonashiba:20160312215120p:plain

Asusが送り出す新しいSIMフリースマホの刺客がこちら。最近は、「Lasor、Selfie,ZOOM」とカメラ機能に注力していたイメージがありましたが、今回はバッテリー機能を強化した製品。

 

強化したバッテリーはなんと5000mAh。iPhone6sは1715mAhですからなんとほぼ3倍。もはやモバイルバッテリーの領域。そのためか、モバイルバッテリーのように他の機器を充電できる機能を有しています。

 

バッテリーが大きい!といのは多くの人が望むメリットである一方、バッテリーの弊害か、重量が202gもあります。今販売されているスマホの多くは120~170gくらいなので、「重っ!」と感じるでしょう。このあたりが購入の分かれ目になりそうです。

 

なんにしても、こういう尖ったモデルは面白い。ASUSにはもっと尖ったモデルで他社との差別化してくれるモデルを期待しちゃいます。

 

・BIGLOBEで販売

 

ASUS「Zenpone Go」

人気のZenponeシリーズの中でも、特に格安に位置づけられるのがこちら。なんと価格が19800円と、驚異的な設定になっています。

 

CPUは1.4GHzのSnapdragon400、メモリは2GBと電話、メール、ラインなどの使用範囲内では問題になる事はなさそうですが、カメラが800万画素と少し弱め。とはいえ、19800円でこの性能なら、十分にアリな端末です。

 

Motrora「Moto X play」

MOTOROLA Motorola Moto X Play XT1562 LTE [16GB, Black 海外版 SIMフリー]
 

android6.0を搭載したSIMフリースマートフォン。MOTORORA(モトローラ)のスマホって、日本で久しぶりの販売ではないでしょうか。

 

背面カメラ2100万画素、指紋認証、そして15分の充電で8時間使える急速充電、そして3630mAhの容量の大きいバッテリーなど、4万円以下で買えるスマートフォンの割には高いスペックです。

 

そして何よりもandroid6.0なのが面白い。ほとんど素の6.0からメーカー側でカスタムされていないで使いこなしが楽しそうです。

 

・BIGLOBEで販売

 

Freetel「MUSASHI」

f:id:tonashiba:20160312215939p:plain

FREETELから販売されるガラホがこちらの「MUSASHI」。折り畳み式で物理ボタンがついていることで、ほとんどガラケーな仕上がりになっています。これは、欲しがる人多そうだなぁ。

 

FREETELは、simpleといい、ガラケー需要を掘り起こすの得意。これがきっかけで、ガラケー使いの人たちがスマホに移る人がいるんではないでしょうか。

 

取り扱い:FREETEL

 

ZTE「Blade580」

最近よく発売されているZTEのBladeシリーズ。特筆するような特徴はないのですが、市場想定価格27800円という安さで、基本性能をきちんと押さえている格安スマホがこちら。

 

1.3GHzのオクタコアCPUに加え、2GBのメモリ。何よりも評価が高いのはバッテリーを3000mAh積んでいる事でしょうか。比較的大きめなので、電池が持ちそうです。さらにこの価格で指紋認証機能付き、技術の進歩って凄いですね。

 

今の所(2016/03/12)、格安SIM提供会社(MVNO)での取り扱いは発表されておらず、普通に家電量販店のネット通販で3/25から取り扱われる予定。

 

更新履歴

・2016/3/12投稿