読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【いっぱい使おう!】 mineo(マイネオ)で月10GB以上のデータを使う方法

mineo(マイネオ)はいくつかプラン設定が用意されているものの、残念ながら、10GBまでのプランしか用意されていません。他の格安SIMでは、20GBや30GBのプランが用意されているものもあります。

しかし、実は20GB/月で使うことが可能で、僕自身がそのように運用しています。下記画像のように月のデータ容量30GB超えさせています。この方法について紹介したいとと思います。

 

 

パケットシェアを利用で2回線以上契約する

僕が使っている方法は、パケットシェアで2回線を契約する方法です。ちょっと、わかりにくいので、図で説明します。

単純にそれぞれを10GBずつ契約すれば、それぞれが10GBを使う形になります。しかし、パケットシェアしておけば事で、最初の1ヶ月は1回線目の10GBしか使用できないものの、2ヶ月目からは2回線目からシェアされた10GBが1回線目に付与されるため、合わせて20GBを使うことができます。

僕の場合は、5回線契約していて全てパケットシェアしているので、冒頭の写真のように非常に多い時で30GBを超えることがあります。 

 

パケットシェアは、家族だけでなく誰とでもできる仕組み。自分とパケットシェアする相手のデータ容量を大きくしておけば、お互いに共有できる部分が増えてメリットが大きいです。

 

実はパケットギフトでもOK

パケットシェア以外にも、データ容量をシェアする方法があります。それは、パケットギフトによる方法。名義の異なる人同士でデータ容量のプレゼントができる仕組みです。

この仕組みを使えば、例えば家族で容量を大きく契約しておき、10GBを超えそうになったら、データを送ってもらう、という方法で10GB以上のデータ容量を使えるようにすることができます。 

 

複数回線割引が適用されるため、実はお得

上記の2つの方法を用いる場合、結果的に2回線契約することになります。そのため、 mineo(マイネオ)の複数回線割引が適用されます。複数回線割引により、1回線に月50円割引されるので、データの単価を下げることができます。

 

デメリットは初期費用が2倍になること

既に2回線持っている場合、問題になりませんが、新たに2回線目を契約する場合は、初期費用の3000円が掛かることがデメリットになります。一方、解約手数料はこの場合データSIMを契約することになると思いますから、その場合解約に期間の縛りもありませんし、手数料もかかりません。

 

同じ名義で契約するとパケットギフト不可なので注意

この方法を使って、パケットを共有化して増やす場合、一番注意して欲しいことは、パケットギフト前提の場合、同じ回線名義人であるとギフトを送れないこと。同じ回線名義人になるは、パケットシェアで契約するようにしましょう。

 

プレミアムコースが始まれば無敵の無線ルーターに

個人的に思っていることとして、2017年3月から速度優先の特別帯域を開放する(要するにオプション料を払って、速度を快適に使える)プレミアムコースが始まると、この10GB以上のデータ容量を使えることがメリットになると思っています。

僕自身、外でテザリングしてパソコンを接続する事が多いので、mineo(マイネオ)でテザリングするようにしています。データ容量が大きく使えるのは、今回の方法で満足ですが、昼間や夕方の混雑する時間帯は、少しだけ不満が残ります。

 

しかし、プレミアムコースが始まれば速度優先で使える帯域設定がされるため、快適に使うことができます。さらに、今回の方法を使えば、プレミアムコースのオプションを設定するのは、1つの回線で良いので、プレミアムコース1回線分の節約にも繋がり、まさに無敵のコースになるのでは?と思っています。

 

プレミアムコースの無料トライアルの感想はこちら。

mineoのプレミアムコースに当選!スピードテスト結果まとめ 

 

まとめ

mineo(マイネオ)のパケットシェア、パケットギフトを利用することで、今回紹介したように大容量プランへ変更させることができます。データ容量が増えると、気にしなくて良い事が増えるので、気分的に楽ですよー。

 

格安SIM「マイネオ」の公式HPを見てみる→mineo