格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【レビュー】mineoでモバイルルータ「MR-04LN(NEC Aterm)」を使った感想、スピードテスト(Macも)

※2017/2/7に情報を追記、修正しました。

f:id:tonashiba:20151227145832j:plain

もう一ヶ月以上前になりますが、モバイルルーターのMR-04LNを購入、そしてmineoのDプランを使って運用しています。うちでは、固定回線を無くしちゃったので、使わない日はないですね。

初めての使ったモバイルルーター「MR04LN」と、格安SIMのmineoの組み合わせがどんな感じなのか、その使用感を報告したいと思います。それでは、いってみましょう!

「MR-04LN」開封の儀

今回購入したモバイルルーターは、NECのAtermというシリーズの物。ネット通販で購入。注文してから二日くらいで来ました。ホント便利な世の中ですね。

段ボールから取り出した外観がこちら。iPhoneなどの豪華なパッケージを見慣れているせいか、ちょっとだけ貧相に感じてしまいます。

f:id:tonashiba:20160112205832j:plain

 

中身を空けてみると、「MR04LN」がお目見え。小さな箱の中に最密充填するように、きちっとした梱包がなされています。

f:id:tonashiba:20160112210016j:plain

 

内容物はこちらで全部。モバイルルーター、充電器、説明書、といったシンプルな構成。シンプルイズベスト、余計な物が入っていないこの構成には好感が持てます。

f:id:tonashiba:20160112210103j:plain

 

表はタッチパネルと連続したガラス面になっています。ガラスの中のAtermの文字がカッコイイ。

f:id:tonashiba:20160112225250j:plain

 

背面はプラスチック感が溢れています。穴をつけくれているのはお洒落(軽量化?)だと思うんですが、ゴミが溜まってしまう・・・。

f:id:tonashiba:20160112225337j:plain

 

このR04LNの大きなメリットのうちの一つが充電。なんとmicroUSB(普通のandroidスマホの充電器)と併用できるんです。充電器っていっぱいあると面倒じゃないですか? これがまとめられるのは大きな利点です。

f:id:tonashiba:20160112230738p:plain

 

SIMスロットは2つ。どちらもMicroSIMになります。使い方は人それぞれ。例えば、日本で使う用と、海外でSIMを購入してモバイルルーターとして使う人や、国内だけでもSIMを2本契約して使う人。僕の場合は、とりあえずmineoの2本差しです(意味があるかどうかは別にして)。 

f:id:tonashiba:20160112210257j:plain

 

 

 実際に「MR04LN」を使ってみる

モバイルルーターは完全に未体験領域。ビクビクオドオドしながら、起動してみましたが、結局のところ、そんなに大したことなかったです。スマホ用に格安SIMの設定をするのと、大差ありませんでした。

まずは起動してみると、こんな感じ。Atermの文字が出てきて起動します。完全電源OFFの状態から起動するときには、およそ30秒くらい休止状態からの復旧であれば5~10秒くらいですね。

f:id:tonashiba:20160112222050j:plain

 

この画面は既に設定が終わってしまっている画面なので、LTEの文字が出ていて、「DATA」の通信量が575MBとなっています。

f:id:tonashiba:20151213233001j:plain

 

まずは、モバイルルーターとして使うためにAPNの設定を行います。APN設定の欄を見てみると、色々な格安SIMの会社のAPNが入っています。こりゃ、凄い。

f:id:tonashiba:20160112222557j:plain

 

今回購入したMR04LNは、mineoから購入したのではなく、SIMフリー機を通販で購入しました。そのためなのか、残念なことにNECの元から入っているAPN設定の中には、mineoの物がありませんでした・・・、残念。

改めて、mineo用のAPN設定を実施して、通信設定すると使えるようになります。他の入っているAPN設定の一覧が悔しかったので、ちゃんとmineoという名前で作りました(今回設定したのはDプラン)。

f:id:tonashiba:20160112222910j:plain

 

無線の設定と通信速度は?

ここまでくれば、もう接続はカンタン。らくらく無線設定、というのを押してパソコンから検索できる状態にしてから、PCやタブレットから無線の設定してやれば使えます。いやぁ、楽な世の中ですね。

f:id:tonashiba:20160112223112j:plain

 

ちなみに、僕の家では、PC(windows)3台と、タブレット1台(nexu7.2012)、そしてTV(Panasonic,VIERA)と接続しています。PCで速度測定を行った結果がこちら。2Mppsくらいなので、ちょっと遅め。

f:id:tonashiba:20160112223836p:plain

 

比較として、同じタイミングで、パソコンにテザリングしたXperiaZ3(Aプラン)で通信速度測定をしたのが、こちら。なんと、約22Mbpsという驚異的な数字が・・・。モバイルルーターの意味ないじゃん・・・、悲しい。

f:id:tonashiba:20160112224013p:plain

 

MacBookPro(2016)でも使ってみた

上記のテストはWindowsで行ったのですが、MacBookPro(2016Late)を購入したので、そちらでも、使用してみました。

もちろんMacBookProでも使えます。スピードテストをしてみた結果がこちら(測定は同じくブラウザのBNRスピードテスト)。

測定時刻ダウンロード速度(Mbps)
10:39 11.88
12:13 0.80
13:18 1.27
17:03 9.81
20:56 2.34

 

BNRスピードテストは、ダウンロードスピードの変動がかなり大きいので、なんとも言えないところもあるんですが、速度はそこそこ出てるかな、という印象。12時台の速度低下は、mineoだけでなく、格安SIMの問題なのでしょうがないですね。

仕事でも使っていますが、ダウンロード速度だけではなく、写真のアップロード速度も含めて、急に切断されることなども無く、困ることは今まで一度もありませんでした。

AmazonドライブやDropboxといったネット上の共有ファイル(クラウドストレージ)を利用する人でも安心して使えると思います。

 

モバイルルーター「MR04LN」まとめ

購入してから、ほぼずっと使っているMR04LN。Windows、Mac問わず使えるし、タブレットでも同時に運用できるので、めっちゃ便利。

MR04LNは16台まで無線接続できるんですが、さすがにそこまで使うことはないですけど(笑)。

インターネット動画配信サイト(dTV、huluなど)にもハマって、色々とみてるんですけど、パソコンにMR04LNで繋いだ状態での、ハイビジョンの再生も問題なしです。

 

余談ですけど、家のPCに繋ぐ固定回線をモバイルルーターMR04LNに一本化できた事で一番嬉しかったのは、やっぱりごちゃごちゃになっていた、配線を全てなくすことが出来たこと。これが本当に助かります。子供が配線で遊んじゃいますからね。

f:id:tonashiba:20160112225922j:plain

 

MR04LNにつないでいる格安SIMはmineo一本なんですが、今後色んな会社のSIMを触ってみようと思っていますその時に、「MR04LN」の二つ目のスロットが役に立つ日が来るかな。

MR04LNはmineoにも取り扱いがあるので、ぜひ検討されては如何ですか。家の固定配線無くなるの、本当にいいですよ。掃除も楽だし。

 

mineoのMR04LNを見てみる ⇒ mineo