読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

トリニティの「NuAns Neo」って、めっちゃカッコイイんですけど・・・

スマホ(端末)情報

f:id:tonashiba:20160208220803p:plain

NuAns | New Answer with NuAns NEOより引用>

 

最近、相次いでwindows10スマホが新製品ニュースとして注目されている事が多いように感じます。去年はMADOSAMA(マドスマ)くらいのものでしたが、今年は違う。直観的なイメージとして、去年はMVNO元年、今年はWindows phone元年なんじゃないかなと感じるくらいです。

 

ハイスペックなLumia950やもいいし、純日本製FreetelのKATANAも魅力的。ヤマダ電機のeveryphoneも意外にハイスペックで良いと思うんですよね。ただし、Windows phoneを買うなら、さらにもう一段階上の欲求を満たしてほしい。

 

そういう意味で、面白そうなスマホがトリニティの「NuAns Neo」。ガラケーの時に一部で流行ったカバー取り換え可能なスマホです。

  

カバーはいらない

NuAns Neoって凄く潔いと思うんですよ。「最初からみんなカバーつけるでしょ⇒じゃあ最初から交換式のカバーにすればいいじゃん」という考え方が。おかげでツートーンのお洒落な具合に仕上がってます。

 

特に印象的なのが、木目調のデザインを持つカバーがあるところ。木目調とか革みたいな自然派スタイル好きなんですよねー。かっこよくないですか?

 

WindowsPhoneで遊んでみたい

冒頭にも書いた通り、WindowsPhoneは今年凄く流行りそうな予感がしています。去年までスペック的にはローレンジのものばかりが発表されていましたが、2016年に入ってから、LumiaやVAIO Phone Bizなど、ハイスペックなモデルもたくさん販売されていますから。

 

モバイルの媒体としても魅力的なWindows Phoneですが、個人的に凄く使ってみたいのが、「Continuum」システム。ディスプレイがあれば、そこがPC環境になる、というこのシステムは、裏を返せばPCを無くすことができる環境という事。

 

これって魅力的だなぁと思うんですよね。普通PCって、家族で一台のところが多いと思うんですけど、スマホ一台一台がパソコンになれば、各自でパソコンを持つことができますよね。リビングにディスプレイ(TVでもいい)とキーボードだけ置いておけば、パソコン代わりに好きな時に使えるとかワクワクしません?

 

ディスプレイを外部出力するためのマシンパワーは必要ですが、一昔前のPCよりも今のスマホってパワーあると思うんですよね。機能を限定して、重いソフトウェアの機能を制御したなら、十分この「Continuum」でも使っていけそうな気がしています。

 

ただし、現時点ではNuAnsは対応するかどうか決まっていません(検証中とのこと)。ぜひ対応して欲しいですし、対応したら次のスマホの候補ですね。

 

まとめ

サブのスマホだからこそ、遊び心をたくさん持ち合わせたモデルが嬉しい所。カバーのアイデアはシンプルながら、他の売れているスマホでは見られないようなある種奇抜なデザインだからこそ、凄く惹かれますね。

 

さらに「Continuum」使用可能となれば単なるスマホではなく、「拡張デバイス」として使ってみたら用途が広がるんじゃないかなぁと思っています。あぁ、Windowa Phone欲しいぞぉ!!