格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

mineo(マイネオ)からP10liteとP10が発売!スペックとどの端末を選ぶべきか比較解説

※2017/09/26に修正しました。

mineo(マイネオ)から、初めてのハイエンドクラスのスマートフォンが発売される事が決まりました。それが今回のファーウェイのP10。

今回は、ハイエンドクラスにあたるP10の情報に加えて、同時発売されるP10liteについても、情報をまとめていきたいと思います。それではいってみましょう。

P10,P10lite提供は2017/06/15からスタート 

ケイオプティコムからのプレスリリースにより、6/15からmineo(マイネオ)の新しい端末として、P10liteとP10が登場(販売)することになりました(5.5インチのP10Plusはなし)。

P10liteは、mineoが以前から販売していたP9liteの後継機に当たるので、驚きは小さいのですが、今回初めて5万円を超える端末であるハイエンドのP10を取り扱う事になりました。

 

プレミアムモデルのP10はマイネオで過去最高レベルの端末

このハイエンドモデルであるP10は、SIMフリー端末の中では、最高レベルのスペックを誇ります。実際のスペック表は下記の通りです。

機種名 P10
画面サイズ 5.1インチ
重さ 145g
OS 7.0
CPU Kirin960
RAM 4GB
ROM 64GB
バッテリー 3200mAh
最大通信速度 262.5GHz
無線LAN(a)
無線LAN(b/g)
無線LAN(n)
無線LAN(ac)
カメラ(アウト) 1200万画素(カラー)
+2000万画素(モノクロ)
光学手振れ補正
インカメラ 800万画素

 

このレベルのスペックでキャリアから販売されている端末としてはXperiaシリーズがほぼ同じレベル(P10が劣るのは、最大通信速度と、カメラの画素数くらい)。

はっきり言って、このレベルの性能があれば普通に使う上で全く支障がなく使えるはずです(処理がハードなゲームもこなせます)。 

 

LEICA監修のデュアルカメラ

 P10の一番の魅力は、LEICAが監修しているデュアルカメラと、インカメラでしょう。前機種のP9でもLEICA監修となっていましたが、今回はさらに進化させて、顔の輪郭をより正確にとらえる「3D顔面検出」機能を備えています。

もともとHuaweiのカメラは比較的画質が良く、綺麗ですが、今回LEICA監修モデルとして第二弾ということもあり、さらにバージョンアップしているため、カメラ性能が非常に期待しています。

 

iPhoneのデュアルカメラとはちょっと違う

少し話が逸れますが、P10で搭載しているデュアルカメラはiPhone7Plusで搭載しているデュアルカメラとは本質的に異なります。

P10は、1200万画素のカラーセンサーと2000万画素のモノクロセンサーを搭載してそれぞれの画像を合成することにより、色彩豊かな写真を撮影できるようになっています。

一方で、iPhone7Plusの場合は、どちらもカラーセンサー搭載ですが、通常のカメラと望遠用のカメラを組み合わせています。これにより光学ズームや優れたポートレート写真の撮影が可能になっています。 

 

欠点はAプラン対応

 P10は非常に良い端末ですが、一つだけ弱点があります。それは、au VoLTE非対応であること。自宅の電波状況が、auの方が良い(docomoの電波が入らない)という場合には、P10はおすすめできません。

その場合は、次に紹介するP10liteの方が良いでしょう。

 

どんな人におすすめか?

間違いなく「性能に妥協したくない人」ですね。android端末でSIMフリー機の中では、ほぼ最強クラスの性能なので、これで満足しない人はいないはずです。

インターネットサーフィン、読書、ゲーム、全てにおいて、快適に使いたいという人にこそおすすめの端末です。

 

P10liteはコスパ良く、非の打ちどころがない端末

P10liteは3万円以下のエントリーモデルでありながら、全く非の打ちどころのない端末です。スペック的にはXperiaZ3やZ4を使っていて乗り換えても、ほとんど気にならないレベルで使えるはずです。

しかも、P10liteはエントリーモデルながら、「指紋認証」を搭載しているので、非常に快適に使う事ができますよ。

 

注目は通信速度(LTEもWi-Fiも)

P10liteで特に注目してほしい性能は、通信速度です。実はnova liteやP9liteと比べても通信速度が速く最大262.5Mbps出すことができます(上のクラスのnovaと同レベル)。

また、Wi-Fi規格がacという次世代規格にも対応しているため、家の固定回線の無線LANを最大限に活用できる、というメリットを持っています。

 

P10liteはマルチキャリア対応

P10はdocomoプランのみの対応でしたが、P10liteの方はdocomoプラン、auプランのどちらにも対応しています。そのため、自宅の電波状況に合わせて利用することが可能です。

 

P10liteとnova liteはどちらにすべきか?

HUAWEI Nova Lite ブラック 本体

P10liteとnova liteは価格帯が似ているため、どちらを買うか悩む人も多いのではないでしょうか?(写真はnova lite)

でも、結論を言えば、P10liteを買う方が絶対におすすめです。その理由は、上でも書いた通り、モバイルデータ通信の速度とWi-Fiの速度が全く異なるから。

同じスマートフォンを2年後も使う事を考えた時、できることならその時も安心して使える方が良いと思いませんか?

 

「P10とP10liteのニュース」まとめ

6/15からマイネオで販売される2機種。これまでの実績から考えるとP10liteはたぶんバカ売れするでしょう

nova liteやP9liteも優れていますが、さらにそこからの進化が大きいですからね。もしかしたらnova liteとP10liteは売り上げ台数が逆転するかもしれません。

一方、P10の方はハイエンドという位置づけなので、そんなに台数は出ないと思いますが、それでもmineo(マイネオ)で初めてのハイエンドということもあり、これまでキャリア端末を使っていた人が高性能を求めて乗り換える人が出てくると予想しています。

どちらにしても、個性のある魅力的な端末なので、私も物欲がくすぐられていて、購入するかどうか、すごく悩んでいます・・・(笑)。

 

mineo(マイネオ)は超お得なキャンペーン中

現在、mineoでは12カ月間900円引きのキャンペーンを行っています。対象は音声通話プラン(デュアルプラン)でdocomo回線、au回線どちらでもOKです。

12ヶ月×900円=10,800円もお得になるので、P10のようなハイスペック機種も狙えます。

この大・大盤振る舞いキャンペーンは2017/11/9までの期間限定なので、もしmineoを考えている人は、必ず一度ホームページでチェックしてみて下さいね。

公式ページでキャンペーンを見てみる ⇒ mineo