読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

XperiaZ5(SOV32)を格安SIM「mineo」で!【SIMロック解除とマイネオで使うまで】

街を歩いていると、よく見かけるスマートフォンはやっぱり一番がiPhone、そして2番目にSonyのXperiaシリーズが多い気がします。中でも、XperiaZ3あたりが多くて、次にXperiaZ5、あたりがさらに多いイメージです。

今回は、そのXperiaZ5(au版)のSIMロック解除してmineo(マイネオ)で使ってみたので、その方法について詳細にまとめてみました。このやり方は、XperiaXやXL、GalaxyS6以降でも同様なので、よければ参考にしてみて下さい。

SIMロック解除の重要性

通常、docomoの端末であればDプランで、auの端末ならAプランでそのまま使うことができます。しかしながら、au端末で新しめの機種(au VoLTE(ボルテ))が搭載されている機種は、SIMロックを解除しないとマイネオで使うことができません。これはマイネオだけでなく、同じくau回線を提供している他の格安SIMも同じ状況。

Xperiaシリーズの場合は、Z4以降の機種は全てau VoLTE対応になっているため、SIMロック解除が必要になります。

 

SIMロック解除できるか?の調べ方

SIMロックが解除できるかどうかは、auにて購入して180日が経過していることがポイントになります。しかし、auのSIMロックできるかどうかは、次のページで、「IMEI番号」を入力すると、簡単に調べる事ができます。

 

こちらのページで、ボックスの部分にIMEI番号を入力するのですが、番号はXpriaZ5の場合、「設定 ⇒ 端末情報 ⇒ 機器の状態 ⇒ IMEI情報 」の順番に調べます。この番号を入力して、判定結果で「○」が出ればOKです。

 

SIMロック解除にかかる費用

SIMロック解除は大きく分けて、下記の二つの方法があり、それぞれで価格が異なります。詳しい人はネットでやると、無料なのでそちらがおススメです。

  • auショップで手続き(3000円)
  • ネットで手続き(0円) 

 

中古で端末を購入した場合(もしくは既にauと契約解除している場合)はネットで手続きが出来ませんので、ご注意を。

 

XperiaZ5のSIMロック解除

今回せっかくなので、SIMロック解除をauショップに行ってやってみました。スマホが苦手な人もいるだろうし、3000円かかりましたが人柱になる、ということで。

SIMロックを解除するにあたって必要なものは下記の通り。

  1. SIMロックを解除したい端末
  2. 身分証明書(免許証、保険証等)
  3. au以外のSIMカード

 

身分証明書が必要なのはちょっと意外でした。結局、最終的にSIMロック解除に必要だった時間は4分でした(待ち時間が8分だったんで、めっちゃ短く感じた・・・)。

SIMロック解除をネットでするのも難しくはないんですけど、苦手な人はauショップでやってもらっても良いかもしれません。

 

次に、端末側のSIMロック解除設定を行います。ここで、3番目のau以外のSIMカードが必要になります。まず、XperiaZ5はnanoSIMなので、トレイに挿入して電源を立ち上げます。今回は、mineo(マイネオ)のDプラン、nanoSIMを使いました。

電源を立ち上げた状態では、待ち受けで「パーソナルロック中」ですと出ていますね。この時点では、SIMロックがかかった状態になっています。

 

 

まずは、端末のSIMロック解除に移る前に、Wi-Fiの設定をして下さい。Wi-Fiの設定をしておかないと、SIMロック解除用のデータをダウンロードできません。

 

Wi-Fiの設定が終われば、「設定> 機器の状態>SIMのステータス」を選択します。

 

ここで、現時点でSIMロックが掛かっているため、「許可されていません」と出てきます。そこで、下に灰色のバックグラウンドに緑文字で表示されているSIMステータス更新を選択します。

すると、更新作業が始まり5分程ですべての作業が終了します。

 

待ち受け画面に戻っても、「パーソナルロック中」という単語は消え、「通信サービスはありません」となっています。

 

これでSIMロック解除完了です。お疲れ様でした。

 

SIMロック解除すればdoocomoプランでもauプランでも使える

今回の手順で紹介したように、XperiaZ5をSIMロック解除できれば、どこのキャリアでも使えるようになります(docomoだけでなく、auや、Softbank、Ymobileでも使えます)。

mineoの場合も、SIMロック解除しておけば、docomoプランとauプランとどちらでも使えるようになります。今回は、Dプランで試しています。

 

今回はDプランで試していますが、本当はmineoのauプラン(Aプラン)の方がおすすめです。その理由は、Xperiaシリーズは、docomo(Softbank)用とau用の二つは受信できる電波が違うから

受信できる電波が異なることで、地方部に行った際に圏外になりやすくなる可能性があります。docomoの端末を使っていたのであればDプランを、auの端末を使っていたのであれば、Aプランを選ぶことをオススメします。

 

mineo docomoプラン(Dプラン)での設定

SIMロック解除したmineo Dプランで使うためには、最後にアクセスポイントの設定が必要になります。アクセスポイントは「設定 > その他の設定 > モバイルネットワーク> アクセスポイント名」を選択します。

 

この時点では、下記の様にこのユーザーはアクセスポイント名設定を利用できませんとなります。

 

ここで右上の「縦3点」をタップして、新規にアクセスポイント名(通称APN)を設定します。入力する項目は、下記の通り。

下記で触れていない項目もたくさんありますが、触れていないものは、全て初期のままにしておいて下さい。

名前:mineo-D(他の名前でもOK)
APN:mineo-d.jp
ユーザー名:mineo@k-opti.com
パスワード:mineo
認証タイプ:CHAP(選択のみ)

 

設定が終われば、直ぐに電波を掴むようになるはずです。4Gになかなか切り替わらない場合は、一旦機内モードにしてみてから、もう一度機内モードを解除してみて下さい。

最後に、インターネットを立ち上げて確認して終了です。ちなみに、テストしてみるとちゃんと立ち上がりました、auのスマホで、docomo回線を使うとちょっと感動しますね。

 

mineoのDプランで使ってみた感想

2015年発売とはいっても、ハイエンドスマートフォンであるXperiaシリーズはやっぱり快適です。モバイルデータ通信でインターネットサーフィンををしているもヌルヌル、サクサク。

ooklaのスピードテストをしてみると、時間帯が良いこともありますが、30Mbps越え。そりゃ快適に使えますよね。

 

SIMロックを解除したばっかりなので、まだまだ満足点、不満点ともに増えていきそうなんですが、それは改めてのお楽しみということで。

 

まとめ

今回、XperiaZ5(au版の)SIMロック解除から、mineoのDプランでSIMのステータス更新、そして通信立ち上げまでを実施しました。XperiaZ5の発売から180日は既に経過してますし、これからSIMロック解除する人増えそう。

XperiaZ5(sov32)使ってて、格安SIMに乗り換えたいんだけどどうしたらいいかわからん・・・という人の参考になれば嬉しいです。ちなみに、XperiaZ4や、XperiaXでも同様にできるはず。ぜひお試しあれ。

 

格安SIM「mineo」の公式HPを見てみる ⇒ mineo 

 

 

今auを使っていて、乗り換え方法が知りたい!!という人は下記の記事でかなり詳しく説明しているので、よければ参考にして見てください。

【関連記事】【体験談】auからmineo(マイネオ)へのMNP乗り換えを徹底解説します!