読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

マイネオ(mineo)になって、出来なくなることをdocomo,softbank,auでキャリア別にまとめました

f:id:tonashiba:20160317230046j:plain

キャリアから、mineoに変えると出来なくなることがいくつかあります。例えば、仕事でメールアドレスを既に登録してしまっている人など、不便になることもあると思います。

そこで、今回はmineo(マイネオ)を使うことで出来なくなることを、今のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)別にまとめてみたいと思います。それではいってみましょう!

docomo(ドコモ)ユーザーができなくなること

docomoユーザーの場合、mineoに変更することで使えなくなるサービスは、下記の2つです。

  • @docomo.ne.jpのメールアドレス
  • android端末(Xperiaや、Glaxyシリーズなど)のデザリング機能

 

他にも、iコンシェルやdocomo独自のサービスで使えなくなるところはありますが、大きなところはこの2つです。

android端末をそのままmineoで利用する場合に、タブレットやパソコンを繋ぐデザリングが使えなくなるのは、困る人がいるのではないでしょうか。たとえば、通勤の時にタブレット繋いでいる人とか。ここは、注意が必要です。

マニアックな話ですが、android端末でもテザリングを使う方法はあります。その方法とは、端末を「SIMフリー化」すること。SIMフリー化はdocomoのお店や、My docomoから手続きをすることができます。

 

docomoからmineoへの乗換ポイントまとめ

ここで紹介したものとは逆に、docomoをやめても使えるサービスとしては、ドコモが提供しているオンデマンドサービスの「dTV」や、ドコモのクレジットカード「dカード」はそのまま使えます。

docomo(ドコモ)から乗り換えを行う場合の申し込みの方法、端末とSIMカードの選び方、注意点については下記の記事で、めちゃくちゃ詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

【関連記事】【注意点まとめ】ドコモのiPhoneからmineo(マイネオ)へMNP乗換と、格安SIMの設定の全手順 

 

Softbank(ソフトバンク)ユーザー

Softbankのスマートフォンは残念ながら、SIMがmineo(マイネオ)の持っている回線に対応していないため、そのままの状態では使う事ができません。

Softbankユーザーがmineoを使う場合はSIMロックという作業が必要になります。

また、SIMロックを解除した上でできることが、iPhoneシリーズと、androidで異なります。まず、iPhoneの方から説明していきます。

 

ソフトバンク版iPhone6s以降のモデル

iPhone6s以降はSIMロック解除することによって、mineo(マイネオ)で使うことができるようになります。具体的には、下記のソフトバンク版iPhoneがmineoで使うことができます

  • iPhone6s 6sPlus
  • iPhone7 7Plus
  • iPhone SE

 

iPhoneをSIMロック解除して、mineoで使えなくなる機能は下記のとおりです。 

  • 「@softbank」もしくは、「@i.softbank」のメールアドレス
  • テザリング(auプラン"Aプラン"の場合)

 

Softbank版アンドロイド端末の場合

Softbank版のandroidを使う場合も、SIMロック解除は必須です。ただし、SIMロック解除をしてしまえば、ほとんどの機能が使えます。

この場合、使えないのは「Softbankから提供されているメールアドレス」のみです。パソコンやタブレットに接続するテザリングも使えるので、ある意味、乗り換えやすいです。

 

Softbankからmineoへの乗換ポイントまとめ

Softbankから、mineoへの乗り換えについては、下記の記事でより詳しくまとめています。

SoftbankはSIMロック解除という手順を踏みますが、逆にSIMロック解除さえできれば、非常に使い勝手の良い端末に早変わりするので、mineoに乗り換える価値ありですよ。

【関連記事】Softbank(ソフトバンク)からmineoにMNPで転入する方法 

 

au(エーユー)ユーザーの場合

ここでは、auの端末を使っている人が、同じ端末でAプランを使って、mineo(マイネオ)へ移行する場合を想定しています。この場合、使えなくなることは下記の通りです。

  • @ezweb.ne.jpのメールアドレスが使えない
  • iPhoneをそのままAプランで使う場合、テザリングが使えない

 

メールアドレスが使えないのは他のキャリアと同じです。ただし、iPhoneとAプランの組み合わせではテザリング接続ができませんことは注意しておくべきポイントです。

そもそも、SIMロックを解除していてるiPhoneでもテザリングができないので、au版のiPhoneだから悪い、というわけでなく、iPhoneとAプランの組み合わせの相性が悪いようです。

auからmineoへの乗換については、下記の記事でより詳しくまとめているので、よければ参考にしてみてください。

【関連記事】【体験談】auからmineo(マイネオ)へのMNP乗り換えを徹底解説します! 

 

au版iPhoneはD(docomo)プランで使える

iPhone6s以降の端末(SE含む)は、SIMロック解除が可能です。au版のIPhoneももちろんSIMロックの解除ができます。

SIMロックの解除を行うことで、mineo、Dプランでの利用が可能となり、iPhoneの機能のほぼ全てを使うことが可能になります。そのため、au版iPhoneユーザーは、mineoに乗り換える前にまずはSIMロック解除し、Dプランで使うことをおすすめします。

 

残念ながら、iPhone6以前のモデルについてはSIMロック解除ができないので、mineo、Aプランで使うしかありませんのでご注意ください(テザリングは使えません)。

 

キャリアのメールが使えないデメリット

色んな格安SIMの比較サイトを見ていると、「キャリアからもらえるメールなんて、LINEで置き換えればいいじゃん」というコメントをよく見ます。

確かに、僕も基本的には同意見なんですけど、一部こういう人はやめておいた方が良いというタイプがあるので、その例を2つ挙げておきます。

  • 周りにガラケーが多い
  • 振り込みなどに使う銀行の連絡先に登録している

 

どちらにも共通するのが、キャリアメールのセキュリティの高さです。@docomo、@softbank、@ezwebのメールアドレスが、基本的に迷惑メールではじかれることはほとんどありません。一方で、mineoからもらえるメールアドレスは時々はじかれています。

ガラケーを使っている人の場合、キャリアでdocomo、Softbank、ezweb以外のメールアドレスを受け入れない設定になっていることも多いので、周りにガラケーが多い人は注意です。

 

そして、もう一つが銀行に関わる話。実体験として、ゆうちょのインターネット振り込みを登録しようとした時に、@mineo、@gmailが登録できないという現象に出会いました。

ゆうちょ銀行の場合は、セキュリティレベルを高めるために、インターネット上で取引を行う場合の連絡用メールアドレスは、大手3キャリアのものしか、受信を許可していないのです。これには、かなり驚きました。

ビジネスで銀行を使う場合に、格安SIMのメールアドレスだと登録ができないこともあると思うので、注意が必要です。

 

ちなみにゆうちょ銀行は実際どうしたの?

僕の場合は、ユーザーIDとパスワードを忘れた場合の連絡用として、メールアドレスの登録を求められていました。

@mineo.jp、もしくは@gmail.comしかメールアドレスを持っていなかったため、直接家への郵便で対応してもらうことにしましたね。

 

docomo、au、Softbankからの乗換まとめ

各キャリアから乗り換えることでできなくなる大きなデメリットが、上述したようにデザリングです。docomoでandroid、auでiPhoneを使う場合には注意が必要

一方で、mineoでデザリングを使う場合はメリットもあります。本来、auだとデザリングオプションとして500円/月かかるのに対して、無料で使用することができます。

mineo(マイネオ)に限らず、格安SIMへの乗り換えにより出来なくなることはあります。ちゃんと下調べの上、乗り換えるようにする事が必要です。

 

mineoの公式HPで見てみる ⇒ mineo