格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【デメリットまとめ】こんな人はmineo(マイネオ)やめといた方がいいで!

この記事は2017/11/10に修正、追記しました

格安SIMのmineo(マイネオ)を使っている人、だんだん増えてきました。もうこのブログを開設して、2年弱になりますが、アクセス数が右肩上がりです。

スマホ1台につき、月々の料金が5000円近く安くなるなら興味も出てきますよね。

格安SIMの中でも、特にオススメのmineoですが、今まで使った経験をもとに、「こんな人はmineo(マイネオ)はやめといた方がいいよ!!」というコンセプトで、今回の記事をお届けしたいと思います。

 

本文の前に

新しくスマホを買おうとしている人に朗報です。auプランと対象端末をセットで買うと、15000円引きになるキャンペーンを11/10~12/26で実施しています。

対象の端末は、DIGNO Vとarrows M03。arrows M03についてはレビューしているのでよければ参考にどうぞ。

【参考】【格安スマホ初心者にオススメ!】国産スマホ「arrows M03」を購入・徹底レビュー(設定方法有り)

平日12時台にたくさん通信を使う人

mineo(マイネオ)だけでなく、格安SIMの最大の弱点がこの「平日12:00~13:00の速度の低下」です。

この時間は、仕事の昼休みに入る人が多い時間帯で、auプラン、docomoプランともに、通信速度がガクンと落ちてしまいます。実際の測定データが下記で、auプランで測定した結果になります。

 

見ての通り、12:00台のスピードが1Mbpsに落ちていることがわかります。このレベルだと、Twitterくらいなら可能ですが、インターネットをみるのはちょっと厳しくなります(動画は見れないと思ってください)。

この時間以外は、通信速度を気にする必要はありません。Youtubeのハイビジョン動画でも全く問題なく見ることができます。

mineoのスピードテスト結果については、下記のページにて、測定を行った結果を更新しているので、参考にして頂ければと思います。

【関連記事】mineo(マイネオ)のスピード(通信速度)テスト結果まとめ

 

(追記)抽選限定のプレミアムコースについて

ちなみに、mineoでは昼の速度低下に対応するためにプレミアムコースをスタートしています。月額800円かかりますが、昼間の速度低下だけでなく、全ての時間において、優先的に通信を行えるため、快適にインターネットが楽しめます。

現時点では、抽選に当選した人のみのサービスですが、速く一般開放されるのを楽しみにしています。

 

auのiPhoneでテザリングを使う人

 au回線でiPhoneを使おうとする場合、パソコンやタブレットをつなぐ「テザリング」の機能を使う事ができません

テザリングを使いたい場合は、auのiPhoneをSIMロック解除して、マイネオのdocomoプランで契約する必要があります。

下記の記事はauのMNP乗り換えをした体験談です。この中に、SIMロック解除したレポートも書いているので、参考にしてみてください。

 【参考】【体験談】auからmineo(マイネオ)へのMNP乗り換えを徹底解説します!

 

「SIMロック解除」というと、大層な感じがしますが、実際はauショップに持っていってお願いするだけなので、テザリングを使う場合は手続きしておきましょう。

 

※iPhoneについて、SIMロック解除の対象になっているのは「iPhone6s以降に販売された機種」になっています(iPhoneSEもSIMロック可)。それ以前のiPhoneはSIMロック解除できないので注意しましょう。

 

auのiPhone5を使っている人

iPhoneシリーズは5以降、mineoに全て対応していますが、個人的にはauのiPhone5の人はおすすめできません。その理由は、使える電波がiPhone5s以降と違って少ないからなんです。

iphone5s以降(5cも)は、プラチナバンド(800MHz帯)と呼ばれる電波に対応しています。一方、5ではそのプラチナバンドが使えません

 

プラチナバンドを説明すると長くなるので、とっても簡単に言うと「LTEが色んな場所にちゃんと届きやすい電波」なんです。

mineoのauプランの場合は残念ながら、4GLTEしか使えません。そういった意味でプラチナバンドを使えず、他のスマートフォンに比べて電波が掴みにくいiPhone5はおすすめできません

iPhone5はそれなりに年数も経っているので、せっかくなら買い換える方が個人的には良いと思います。iPhoneSEなら、5万円以下でSIMフリー端末が手に入るので特におすすめです。

 

電話をたくさん使う人→改善し、かけ放題ができるように

最近はキャリアで電話かけ放題のプランが続々と出てきました。このかけ放題プランを活用して、電話をたくさんしている人には、mineoはおすすめできません。たとえば、ビジネスで電話を一日に何度も使う人がこれに当たります。 

格安SIMの恩恵を受ける上で絶対必要な条件は、「電話を使わない」事です。mineoの通話料金は税抜き40円/分です。25分話しただけで、1000円ですからね。電話が多い人はやめときましょう。 

 

(追記)5分かけ放題がスタート

mineoでは、月額850円で5分間電話かけ放題がスタートしました、そのため「電話のかけ放題が使えない」ということがなくなり、この弱点もなくなりました。

 

また、「電話をあまり使わないけど0ではない」という人には、mineoが提供している通話料金が安くなるアプリ「LaLaコール」があるので、電話面でのmineoの弱点はほぼなくなったと言えます。

 

(さらに追記)マイネオのかけ放題が10分になりました

これまで、マイネオのかけ放題は5分で他社よりも短い欠点がありました。2017年9月の改定で、電話かけ放題が10分になりました。

また、かけ放題に申し込んでいない人も「mineoでんわ」を使って通話することで、通話料を半額にできるようになっており、通話面でのデメリットはほぼ解消された、といっても過言ではありません。

かけ放題について詳しく見てみる→mineo

 

au VoLTE端末を使っている人

音声をクリアに伝えるための技術である「VoLTE」という技術があるのですが、au VoLTEに対応している端末は、SIMロックを解除して使う必要があります

XperiaZ4、GalaxyS6 edgeを始めとする2015年夏モデルはVoLTEに対応している端末になりますね。

SIMロックの解除方法は、契約してから180日間経った上で、auのお店でSIMロック解除をする必要があります。また、この際に解除手数料として3000円(税抜)が掛かりますので、デメリットの一つに挙げられます。

 

「mineoを契約してしまった後にSIMロックの解除が必要なのに気付かなかった!!」、とならないためにも、自分のスマートフォンがau VoLTEの端末なのかどうかはきちんと確認しておきたいところ。 

対象かどうかはmineoの公式HPで確認することができます。分かりづらいですが、公式サイトの下記の場所から、自分の端末がSIMロック解除が必要かどうかを確認することが可能です。

 

公式HPでVoLTE対応端末を見てみる→mineo

au VoLTEの対象であるXperiaZ5で実際にSIMロックを解除して、mineoに移行してみました。

よければ、この記事を参考にして見てください。Galaxyなどを含め、SIMロック解除が必要な端末は同様の方法で対応できます。

【関連記事】XperiaZ5(SOV32)を格安SIM「mineo」で!【SIMロック解除とマイネオで使うまで】 

 

auプランの3Gエリアは使えないので注意

上記の他に、実はmineo(マイネオ)は、auプランの場合、3Gエリアで電波が届かない、というデメリットがあります。

しかし、私が住んでいる地域もだいぶ田舎なんですが、3Gが繋がらないデメリットは全く感じません。 本音としては、全く繋がらないとこって圏外になるし、3Gも繋がらないんじゃないの?という印象を受けています。

とはいえ、メインのスマホがいきなり使えなくなるのは困るので、サブ機を1度試しに使ってみて、エリアを確認してもいいかもしれません。

 

Fiimo,QTモバイル等のユーザーでMNPしたい人

格安SIMの提供会社の中に、四国電力系子会社のSTnetが運営する「Fiimo(フィーモ)」と、九州電力が運営する「QTモバイル」、「テレビトクシマ・スマホ」のこれら3つの格安SIMからはMNPによる転入ができません

これらの格安スマホを使っている人は、ほとんどいないと思いますが、念のため書きました。

これから申し込む場合に、「Fiimo、QTモバイルを選ぶと次にマイネオを選べない」と思っておく方がよいかもしれませんね。

 

mineo(マイネオ)のデメリットまとめ

長くなりましたがデメリットをまとめると次の3つに該当する人は、mineo(マイネオ)をやめておいた方が良いです。

  1. 平日12:00~13:00の間に外でデータ通信をたくさん使う
  2. auのiPhone5シリーズを使っている人
  3. auを使っていて、常に3Gという表示が出ている人
  4. auのiPhoneでテザリングを使っている人(SIMフリー化すればOK)

 

SIMロックの解除については、面倒なのでデメリットですが、一度手続きすれば端末を買わずに安くできるので、上からは省きました。

この4つのデメリットが問題ない人は、mineo(マイネオ)に乗り換えるべきです。そうするだけで、スマホ1台につき、月々5000円くらい節約できますよ。

マイネオの公式HPを見てみる→mineo

  

覚えておいて欲しいこと

mineoは格安SIMの中では珍しく、音声通話SIMでもMNP(ナンバーポータビリティ)しなければ、解約料金がかかりません(ほとんどの格安SIMは、約1万円の違約金が必要)。

一度、新規契約して試してみるのが、リスクがなく安心です。おそらく、「こんなに普通に使えるの?」と感じると思うでしょうし、マイネオも自信があるから、違約金を取ってないのでしょうね。

公式HPで特典、基本料金を見てみる→mineo