読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【注意点まとめ】ドコモのiPhoneからmineo(マイネオ)へMNP乗換と、格安SIMの設定の全手順

たぶんこのサイトを見ていただいていて、たぶん、1番多いのはdocomo(ドコモ)からmineoに番号をそのまま移行できるナンバーポータビリティ(MNP)で、乗り換えようとしている人ではないでしょうか?

今回は、docomo版のiPhone(アイフォン)からmineoへMNP移行するに当たって、どうすれば良いのかをまとめてみました。それでは行ってみましょう。

docomo(ドコモ)の解除料を調べよう

まず最初にdocomoの解除料を調べてください。ご存知の方も多いかもしれませんが、docomoはスマートフォンの転売を防ぐために、最初の12ヶ月間で契約を解除すると、 多額の解除料がかかるようになっています(docomoだけでなく他のキャリアも同じです)。下記は少し古いデータですが、解除料はこのようになっています。

キャンペーン : 端末購入サポート | NTTドコモより引用)

 

ハッキリ言って、これらの解除料についてはかなり複雑怪奇になっています。初期のころは「パケ放題フラット」というプランがあったり、今ではデータパックやシェアパックというプランが出ていて、非常にわかりにくくなっています。

本当に正確に知るためには、近くのdocomoショップにいくか、下記の電話番号から、どれくらいの解除料がかかるのかを調べるのが間違いないので、オススメです。

  • 電話で確認する場合
  • 151 (docomoの携帯電話の場合)
  • 0120-800-000 (docomo以外の電話)
  • 受付時間 午前9時~午後8時
  • 4桁のネットワーク暗証番号があればなお良い

 

ご存知の方も多いと思いますが、この解除料を調べるときに電話やショップで待たされることがよくあります。フリーダイヤルなので、まだマシですが何度も電話するのは面倒なもの。

そのため、端末の解除料がかからないならMNPする、などの基準を先に決めておいて、受付と同時に、後で説明しているMNP番号の取得をするかどうかを決めておく方がスムーズにできますよ。

 

MNPはどこでする?

ナンバーポータビリティ(MNP)には手順があります。

  1. docomoショップか公式の電話番号でMNP番号を取得する
  2. mineoに申し込む時、MNP番号を入力する
  3. mineoから封筒(SIM)が届いたらMNPで転入する

 

この手順を見て貰ったらわかりますが、docomo側の方でMNPに関する手続きを行うのは、番号を取得するというだけです。MNPについて、他にすることはありません。

 

docomoの解約はいつされるの?

 「電話で番号を手続きして、mineoにMNPで入ると、いつdocomoが解約されるの?」と思う人がいるかもしれません。

実は、「mineoにMNP転入したタイミング」で自動的にdocomo側が解約される仕組みになっています。これ、本当に助かります。

電話だけでやると、ショップに行く手間も省けるし、切り替えで申し訳ない気持ちにならなくていいし、気分が楽なんですよね。

 

【マニアックな話】iPhoneのSIMフリー化について

この項目については、機械が苦手だよーという人は読み飛ばしてもらってもOKです。

 

iPhoneでmineoに転入する場合は、シリーズを問わず、基本的にすべての機能が使えます。そのため特別気にする必要はないのですが、そのままの状態だと、docomo回線しか使えないSIMロック状態となっています。

今後、docomo回線の格安SIMだけでなく、au回線の格安SIM(例えばmineoのAプラン)を使いたい、ということになれば、SIMロック状態では使う事ができません。そこでSIMロック解除を行う必要があります。SIMロック解除の方法は次の2通り。

  • docomoショップでロック解除する(手数料3000円)
  • My docomo(ネット上)で解除する(手数料無料)

 

この手続きは、docomoを解約してから6ヶ月以内しかできませんので注意しておいてください。 

 

MNP番号を取ったらすぐにmineoの申し込みを

docomoでMNP番号をもらったらすぐにmineoの申し込みをしなければなりません。その理由は、MNP番号には有効期限があるから。期限内に、切り替えができなければ、docomoで番号を取ったのが、無駄になります。

mineoの申し込みには、次のものがあれば簡単にできます。

  • 取得したMNP番号
  • 身分証明書(免許証、パスポート、保険証)の画像
  • クレジットカード

 

mineoの申し込みの手順は、上の物が準備されていれば、だいだい10分くらいで終わるので簡単です。申込はmineoの公式ページにアクセスして、下記から手続きできます。

 

公式ページを見てみる ⇒ mineo  

 

申込時に気を付けてほしいポイント

SIMカードのサイズについて

おそらくこのページを見ていて頂いている人のほとんどがiPhone(docomo版)からの乗り換えだと思います。

iPhoneは5以降のモデルは全て「nanoSIM」なので間違いないように申し込みを行ってくださいね。

 

住所・身分証明書の添付と記載間違いについて

昨今、電話に関連した問題をニュースでよく耳にしますよね。電話番号を発行する格安SIMの会社も同様にこの問題を気にしていて、審査が厳しくなっています。

そのため、ちゃんと身分証明書を登録するときに、注意してほしい点が次の3点あります。

  1. ちゃんと免許証は裏表添付した?
  2. 証明書の名前と登録した名前はあってる?(漢字も)
  3. 証明書の住所と登録した住所に打ち間違いはない?

 

ここを失敗すると、審査にに落ちてしまい登録が遅れるか、できません。改めてやり直す事になると、もう一度一からになるので、面倒です。きちんと最後に登録情報を確認してから行うようにしましょう。

 

mineoから荷物が届いたら?

mineoの申し込み、受付が完了したら、A4サイズの大きな封筒(SIMカードとマニュアル)と、便箋サイズの封筒(登録情報の詳細)が届きます。

 

mineoでのiPhoneの設定は?

iPhoneでのMNPについて、移行するまでの手順は大きく分けて2つ。それぞれの項目に分けて説明しますが、実際に手を動かす時間は10分もありません。

 

まずMNP回線切り替え

インターネット上でmineoの公式ページトップにアクセスします。そこからログインします。

 

ログインすると下の方に「MNP転入切替/回線切り替え手続き」というのがあるので、ここをタップ(クリック)します。 

 

すると、ICCID(SIMカードの製造番号)があるので、この下4桁を入力して終了です。

  

これをするだけで、放っておけば30分程して回線が切り替わっています。個人的な感覚では、たぶん切替に30分もかかっていませんけど。

  

iPhone(アイフォン)側の設定

こちらはMNPの切替よりももっと簡単です。ただし、Wi-Fiに接続した状態でないといけないことだけは気を付けて下さい。

まず、公式のプロファイルページにiPhoneでアクセスします。そして、プロファイルをダウンロード、インストールすれば問題ありません。これだけでOK。たぶんこのページからなら、1分もかからないと思います。

【参考リンク】ネットワーク設定(iOS端末)|各種設定|ご利用時の各種設定|初期設定と各種設定|mineoユーザーサポート

 

参考リンクからちょっと下にスクロールすると下記のようにドコモプラン(Dプラン)のプロファイルダウンロードページが出てきます。

 

そしてこのページでプロファイルをダウンロードすればOKです。

 

mineo.jpのメールの設定

マイネオを使うと、「@mineo.jp」のメールアドレスを無料で使えるようになります。iPhoneの場合のメールアプリとしてオススメなのは、標準アプリと、「Spark」と呼ばれるメールアプリの2種類。よければ参考にしてみて下さい。

  1. mineoキャリアメール設定方法(iphone標準メールアプリ)
  2. mineoメールの設定が簡単なiPhoneアプリ「Spark」がおすすめ

 

後、メールの設定で忘れてほしくないのが、メールボックスの容量アップについて、これも無料でできるのでちゃんと手続きしておきましょう。

  1. やらなきゃ、損!メール受信箱の容量を200MB→5GBに増やそう! 

 

その他やっておくと便利な事 

とりあえず、mineoを使う上で「mineoスイッチ」のウィジェットを登録しておくと、めちゃくちゃ便利です。

低速モードと高速モードをスイッチ一つで切り替えられますし、低速モードならTwitterなどを容量を使わずにできるので便利です。

【参考リンク】iOS、andoroidのmineoスイッチ用ウィジェットが出来たので、試してみた(設定方法有) 

 

docomo → mineoで出来なくなること

docomo専用のサービス

当たり前ですけど、docomoのサービスは使えなくなります。代表的なのは、やはり@docomoのメールアドレスが使えなくなることでしょう。 

 

MMSが使えない

もう一つdocomoに限らず、MMS(キャリアメールを使ったチャット形式のメール)が使えなくなります。 mineo.jpは残念ながらMMSには対応していないんです。

もし、「キャリアメールをどうしてもチャット形式で使いたい」ということであれば、コスモシアを使ってみて下さい。これならチャット形式で使うことが可能です

【参考リンク】【設定方法有り】 mineoのメールはチャット型のCosmoSia(コスモシア)で使おう!! 

 

当月のパケットシェア

docomoの場合は、データシェアとして当月のパケット代をシェアすることができたと思います。しかし、 mineoの場合は当月のシェアができません。

ただし、前月分の余ったパケットを繰り越してシェアできるので、乗り換えた次の月からはあまり気にする必要はないでしょう。

 

mineoで出来なさそうでできること

電話のかけ放題

格安SIMの弱点は色んなところで「電話」と言われていますよね。mineoも当初は電話のサービスが弱かったのですが、今では、docomoのようにかけ放題も使えるようになっています

月額料金として、850円がオプション料金としてかかってしまいますが、090番号からの発信が可能ですし、ビジネスシーンをはじめかけるのが多い人にはぴったりです。

 

テザリングについて

iPhoneとタブレットやパソコンを接続するテザリングは、docomoのiPhoneなら問題なく使えるので安心です(au版のiPhoneは使えない)。

 

銀行引き落としについて(eo光の人のみ)

基本的にmineoの引き落としは、クレジットカードしか対応していません。ただし、同じケイオプティコムのeo光を使っていれば、引き落としをまとめて口座振替にすることができます。

eo光を使っているということで、関西の人に限られていまいますが、クレジットカードを持っていない人でも申し込めるのはメリットの一つです。

僕はクレジットカード払いですが、eo光とmineoはまとめています。請求が一本化できるのは家の家計簿つけるときにも意外と便利ですよ。

 

docomoのiPhoneでmineoに乗り換える手順のまとめ

かなり長くなりましたが、今回はドコモのiPhoneでmineoに乗り換える手順をめちゃくちゃ詳しくまとめてみました。たぶん、これだけでオプションの設定も含めて、一通りの乗り換えができるはず。

mineoに乗り換えれば、1回線につき、4000~5000円くらいは安くなるはず。正直、スマホの契約変えるのは面倒ですが、僕の家では妻と合わせて年12万円くらい安くなっているので、ちゃんと考えてみることをオススメします。

 

mineoではキャンペーン中

新生活応援キャンペーンとして、mineoでは800円×3ヶ月の割引を実施しています。このキャンペーンがあるから、今すぐ変えた方がいいとまでは思いませんが、もし変えるつもりがあるならキャンペーンは利用しましょう。

mineoは2016年度の価格.comの満足度評価でNo.1でしたし、僕自身も2年以上使っていてとても満足な格安SIMです。

 

マイネオのキャンペーンを見てみる ⇒ mineo