格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

mineo使いの僕がdocomo系格安SIM使った方が良いと思うタイプをまとめる!!

f:id:tonashiba:20150808131835j:plain

 au系の格安SIMとして、その立場を確立しつつある「mineo」。docomo系の回線も今後取り込むことで、さらにその会社価値をもう一段階ステージアップ出来そうです。

 とはいえ、au系であるがゆえに、現在はdocomo系の格安SIMでしか出来ないこともあり、羨ましくなることがあります。今回は「docomo系の格安SIMのこんな所に嫉妬してるよ!!」というポイントについて、まとめていきます。

 

1.最大通信速度が違い過ぎ

 最初に最大の嫉妬ポイントを出しました。それが、通信速度。まず、mineoの最大通信速度は理論上150Mbps(ベストエフォート)になっています。

 この通信速度にに対して、docomo系の格安SIMであるIIJmioは、225Mbpsを提供しています。この値は最大通信速度なので、実効速度として捉えてはいけないんですが、上限が違うのはなんとも・・・docomo系が羨ましいです。

 

2.iPhone(iOS8)が使えない

 これも大きな嫉妬ポイント。今はXperiaZ3(sol26)で運用してるんですけど、iPhone6でも使ってみたいんですよね。docomo系の回線が入れば、この問題は解決するんですけどね。

 IIJmioのエンジニアの方法でmineoは推奨していないながらも使えるようになったみたいですね。既にmineoホームページでの公式プロファイルが提供されてるみたい。サブ機ができたら、ぜひ試してみたいところです。

 

(追記)iPhoneがmineoで使えるようになりました

当初、iPhoneが使えなかったmineoですが、現在は使う事ができるようになっています。それに合わせて、iPhone5c、SE、6s、7Plusを使い始めた記事を書いていますので、よければこちらもどうぞ。

 

3.通信プランの選択肢が少ない

 docomo系の格安SIMは、色々なメーカーが参入している分、ユーザーに合わせたプランが乱立しています。そのため、通信容量の多いタイプや、通信速度を敢えて絞ることで制限を無くしているタイプなどがあります。

 mineoはプランの充実度という観点で見ると、物足りなさを感じるのが正直な感想。今の提供プランは5GBまでですが、できれば10GBで3枚までのSIMシェアプランとか出して欲しいところです。

 

4.端末の選択肢に魅力がない

 SIMフリー端末を使えるということは、色々な遊びのスパイスの効いたスマホを選べるという事なので、ZenFoneとか、p8liteとかの、遊びで手が出せるスマホの選択肢を出しているdocomo系は羨ましいです。

 いっそ、Windows10 mobile(freetelのkatana2とか)がラインナップに出てきたら買ってみたいくらいです。

 

まとめ

docomo系の嫉妬ポイントを4つまとめさせてもらいました。うーん、やっぱり最大通信速度が速いのが羨ましい!!本家のauが速度が速くならないと、そもそも成り立たない部分なんですが・・・、ぜひmineoさんお願いします!!

 

2016/12/12追記:mineo、かなり改善されてます

 docomo系の回線(Dプラン)も取り込んだmineo。マルチキャリアになった事で契約件数が飛躍的に伸びているとともに、上記に書いた4つの嫉妬ポイントはほとんどが改善されています。

 iPhoneに対応もしましたし、回線速度も向上、端末のラインナップも増えているので、mineo(マイネオ)さんの躍進を感じますね。

 

mineoの公式HPを見てみる⇒mineo