読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

mineoのフリータンクが凄いよ・・・ユーザーのモラル(もったいない精神)の素晴らしさを感じます

格安SIM持論

f:id:tonashiba:20160122092447p:plain

2015年12月から始まった、今までの携帯電話業界の基本を覆すようなシステム、「フリータンク」。mineoユーザーから、不要なパケットを寄付形式で集めて、欲しい人にパケットを配るという今まででは全く考えられなかったサービス。

 

最初は、そんなサービスちゃんと運営できるの?という懐疑的な部分もあったんですが、今はそんな印象は全くありません。助け合いって素晴らしいなという印象すら覚える凄い仕組みになっています

  

そもそも「フリータンク」ってどんなシステム?

フリータンクとは、先に述べた通り、月々の通信量が余りそうな人がフリータンクというところに寄付、そして逆に通信量が必要な人はフリータンクから取り出して利用できるサービスです。詳細のルールは下記のとおり。

 

寄付 ・預入はいつでも、何度でも可能。

・月間、100000MB(10GB)まで

・10MB単位で預入可能

 

取り出しはちょっと制限有り。

  •  月間1000MB(1GB)まで、また2回まで
  • 取り出しは21日~月末まで
  • 10MB単位で引き出し可能

 

確認してみたところ、2016/1/15 7:00段階で、5.8TBもありました。最初はmineoからのプレゼントとして、1TBが入っている状況でスタートしたはずですが、なんと、4.5TBも増えています。これにはビックリ。

 

フリータンクの画像の下には、誰が、どのていどのパケットを寄付したか、そして取り出しかがわかるようになっていますが、驚いた事に1GBを超えるパケットを寄付している人もちょくちょく見かけます

 

善意のシステムにも関わらず、これだけパケットが寄付されているのは正直驚き。mineoを使っている人のモラル(リテラシーかな?)の高さを感じちゃいました。今後、僕も余ったパケットは月末に投入したいと思っています。

 

また、今dTVにハマっていて、動画を見まくっているので、もしパケットが足りなくなった時にはお借りする事になるかと思います・・・。

 

2016/05/10追記)フリータンク使ってみました

2016年4月に容量不足になったため、初めてフリータンクを使って、1GB引き出しさせて貰いました。mineoIDと連携させる必要はあるものの、思ったよりも簡単にできました。

注意点としては、引き出した当日すぐに通信量として反映されるわけではなく翌日に反映される形になります。直ぐに反映されないので、足りなくなりそう・・・と思った段階でお礼の一言を添えて、引き出しさせてもらうのがいいと思います。

 

「フリータンク」まとめ

フリータンクというシステムに大きな驚きがありましたが、それ以上に驚いたのが、やっぱりパケットの寄付が凄く多くて、mineoユーザーの「もったいない精神」を感じた事

こんなにいいユーザーが多いなら、1ファンとして、ちょくちょく開催案内が来るmineo公式の座談会(オフ会?)に参加してみたいなぁという気持ちになりますね。

 

2016/5/10追記)

通常フリータンクからの引き出しができるのは、上記のルールの通り21日からなんですが、熊本での震災が起こった際、フリータンクから引き出しができる日程を早めるという事がありました。

情報が最優先となる場所で、通信容量が足りない事態にならないようにするために取ったmineoの対応は素晴らしかったと思います。こういった対応の良さも、mineoのメリットの一つだと感じましたね。