格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

mineo(マイネオ)で格安スマホ選びに悩んだらファーウェイの公式ショップに行くのがありかも

mineo(マイネオ)は、他の格安スマホと比べて、顧客満足度が高いことが特徴の1つですが、他の会社と比べて、ちょっと弱いのが端末のラインナップ。特に、楽天モバイルと比較すると弱めです。

しかし、他の公式端末以外をチャレンジでいきなり購入するのは初心者にはハードルが高いもの。そこで、Huaweiの公式ショップに行くのが、意外に良いのではないかと思い、大阪のショップへ自分の足で行ってきました。

訪れたのは、大阪のファーウェイショップ

今回行ったのは、大阪のファーウェイショップ。中は写真を撮ると迷惑だと思ったので、外観だけです。場所は、大阪駅から徒歩で5分くらいの場所「大阪第二ビル」にあります。

 

以前からこのブログでも何度か紹介しているグランフロントにあるmineoの公式ショップは、大阪駅を挟んで向こう側なので、距離は意外とあります。歩くと20分くらいですかね。

【関連記事】グランフロント大阪の即日契約可能なmineo(マイネオ)アンテナショップに行ってきました!

 

ちなみに東京の方は銀座にあるようです。すごく立地条件良いですね。テナント料高そう。こちらも機会があれば行ってみたいです。

 

ちなみに東京(渋谷)の店舗のレビュー記事はこちらです。

【関連記事】格安SIM「マイネオ(mineo)」の東京渋谷店に行ってきました【即時契約・MNP可能店舗】

 

ファーウェイのショップでは何が見れる?

今回訪れた時には、ちょうどP10シリーズが販売された直後だったこともあり、P10lite、P10、P10Plusの3機種を触り比べることができました。公式ショップなので、パンフレットも充実しています。

下記の画像は、ファーウェイショップで頂いたP10PlusとP10のパンフレットです。

 

もちろん、P10の前に販売された「nova」シリーズもありました。色々と触れて、比較できるので、スマホ(ガジェット)好きには楽しいショップです。

また、mineoの公式ショップでは見れないものとして、Huawei Watch2が同時に陳列されてたのは良かったですね。これまで、ちゃんとandroid wearを触った事が無かったので、とても魅力的な一品でした。

 

他にも、MateBookなどファーウェイのパソコン部門の製品やタブレットが置いてありました。

 

ファーウェイショップを訪れて感じたメリット

格安スマホの説明が”ちゃんと”聞ける

そもそもですが、ファーウェイの店員さんがいるのが良いですね。ちょっとお話させて頂きましたが、もちろん自社製品の事なんで詳しいんです。

格安スマホは今トレンドに乗っている部分もあって、ファーウェイに限らず、たくさん出ているんですね。家電量販店の店員さんで、これらの格安スマホのアピールポイントをちゃんと伝えてくれるところって意外と少ないんです。

特にP10とP10Plusのようにほとんど同じように見えて、少しだけ性能が違うスマホ(カメラのf値が違う)の説明なんかは、公式ショップの店員さんの方が、当然ですが、上ですね。

 

公式取り扱い端末以外も触れる利点

mineoでファーウェイの取り扱い端末は、P10、P10lite、nova、nova lite、P9liteの5種類とタブレットがあります。

しかし、実際にSIMフリーで販売しているモデルとしては、これらに加えてP10Plusや、mate9があります。また、タブレット端末はmineoの取り扱い端末以外にも、もっとたくさんの種類があります。

 

 

mineoは、残念ながら大型の5.5インチモデルの取り扱いはスペックの低いZenFone GoとZenFone3 Lazerしかありません。

そういった意味で、スマホを買い替えるタイミングで、大型スマホも含め、一度に色々な機種をファーウェイショップで試せることは一つのメリットでしょう。

 

ウェアラブル端末との組み合わせを体感できる

個人的に、一番良かったのがこの「ウェアラブル端末と一緒にスマホが置いてあったこと」。

家電量販店に行くと、格安スマホが置いてある場所と、ウェアラブル端末が置いている場所が違います。そのため、スマートウォッチに使いながら、スマホを使っている様子を想像しにくいんですよね。

ファーウェイショップでは、端末とスマートウォッチが近いところにありますし、店員さんが詳しく説明してくれるので、とても欲しくなります(笑)。

 

タブレット端末は絶対に見に行った方が良い

mineoはファーウェイのタブレット端末を販売しています。しかし、公式取り扱い端末のT2 8 Proは正直スペックが低い印象です(下の画像は、Wi-Fiモデル)。

 

ファーウェイの製品の中には、タブレットでも特にスペックが高いもの(Mediapad M3)があります。しかも、このモデルT2 8 Proに1万5千円プラスしたら変えるんです(価格.comでも4.19の高評価モデル)

タブレットはスマホ以上に長く使う人多いですからね。ぜひ購入前に試してほしいところです。

 

ファーウェイショップならこの2つを比べる事ができるはず。実際に使ってみるとわかりますが、スペックが少し違うだけで、動作が全然違いますよ。

 

ファーウェイの公式ショップを訪れたまとめ

格安スマホの公式ショップとしては初めて訪れた「ファーウェイカスタマーサービスセンター」。率直に言って、ガジェット好きな私としてはとても面白かったです。

ファーウェイと双璧になっている、ASUSのカスタマーショップは、秋葉原にあるようです。こちらの方も、ぜひ行ってみたいですね。

もし、mineoでの取り扱い端末以外のASUSのスマホに触りたければ、ヨドバシカメラがかなり充実している印象なので、そちらでも良いかもしれませんよ。

ぜひ色々な端末を試してみて、自分に合うスマホを選んでみて下さいね。