読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

マイネオ(mineo)でiPhone5c,SE,6s,7plusを使ってきた評価・レビュー【妻の口コミ有り】

2017/04/01に追記・修正しました

mineoを使い始めて、20ヶ月を突破しました。その中で、android端末だけではなく、iPhoneも4台(iPhone5c、SE、6s、7plus)使用してきました。

今回は、マイネオでiPhoneを使う場合の注意点や使ってみた感想に加えて、iPhone6sをmineoで使う妻に評判を聞いてみました。それでは、いってみましょう!

マイネオで使ってきたiPhoneとApple製品

これまでiPhoneはiPhone5c、6s、SE、7Plusと計4台をマイネオで使ってきました。

さらに周辺機器として、apple watch series2をiPhone SEと連携させて使っています。後の項目で詳細を書きますが、どれもマイネオで全く問題なく使えていて、この20ヶ月で問題は起こっていません、というかむしろ快適です。

 

追記(2017年2月)

iPad Pro 9.7インチも実際に購入して、mineoで試してみました。iPadについては別記事で詳しくまとめているので、よければこちらを読んでみて下さい。

【関連記事】mineoでCeller版iPad Pro 9.7インチを使ってみた感想(設定方法も解説)

 

iPhoneでのマイネオの設定は10分で終わる

f:id:tonashiba:20161108232730j:plain

まず初めに聞きたいのですが、「格安SIMの設定って難しいと思ってませんか?」

実はiPhoneをマイネオで使う場合は設定が5分で終わるくらいめっちゃ簡単なんです(androidと比較して、すごく楽です)。

インターネットを接続するまでに行う設定は次の3つだけです。

  1. SIMカードと本体に差し込む(約3分)
  2. マイページでマイネオ回線を立ち上げる(MNP転入する)(約5分)
  3. 構成プロファイルをインストールする(約1分)

この3つだけ。自分が動くのは10分くらいで設定が終わってしまいます。これくらい、mineoでインターネットに接続する設定はすごく簡単なんです。

※回線立ち上げ時、mineoの中の人が手続きをしてくれるのですが、30分くらい回線切り替えに時間がかかります(自分は何もする必要はありません)。

構成プロファイルって何?

スマートフォンをインターネットに接続するためには、マイネオに繋ぐためのID、パスワード、回線の種類が必要です。この設定を一度に行ってくれるのが、「構成プロファイル」です。

 

プロファイルのインストールは、マイネオの公式ホームページの対応端末の横に記載されたプロファイルのリンクからインストールするだけです。

f:id:tonashiba:20161103010110p:plain

 

Aプラン、Dプランのプロファイルのインストール先を置いておきます。よければご利用ください。

 

Aプラン、Dプランはそれぞれ、青枠で囲ったところから、プロファイルをインストールすることができます。

 

キャリア別のiPhone対応について

docomo場合はDプランで、auの場合はAプランで、iPhoneのどのシリーズであっても利用することができます。一方、Softbankについては、iPhone6s(Plus)、SE、7(Plus)であれば、SIMフリー化する事によって、Dプラン、Aプランのどちらでも使う事ができるようになります。

Appleの正規店で購入できるSIMフリーのiPhoneの場合は、Dプラン、Aプランのどちらでも利用可能です。まとめると下記のようになります。

  • docomo版iPhone:Dプラン
  • au版iPhone:Aプラン
  • Softbank版iPhone:利用不可
  • Softbank版iPhoneをSIMフリー化:A、Dプラン
  • docomo、au版をSIMフリー化:A、Dプラン
  • SIMフリー版(正規店購入):A、Dプラン

 

AプランとDプランの大きな違いは、「AプランでiPhoneを使うとテザリングが使えないこと」。パソコンやタブレットを、パソコンとつながない人はAプラン、Dプランのどちらでも問題ありません。

 

iPhone7 Plusをdocomoプランで使用した評価

f:id:tonashiba:20160927232038p:plain

デュアルカメラでポートレート(焦点深度エフェクト)が使いたくて購入しました。Apple StoreでSIMフリー版を購入して、mineoのドコモプランで使っています。

 

マイネオで使った場合の体感速度

格安SIMであるマイネオは本家のdocomoやauより速度が出るという事は基本的にありません(それでも、格安SIMの中では速いほうですが)。

しかし、mineoの通信速度は大手キャリアと比べれば遅いかもしれませんが、iPhone7 Plus本体の性能が良いので、通信速度の遅い部分をカバーしてくれている感じです。

 

大画面を生かした電子書籍アプリの使い勝手は?

iPhone7Plusを使い始めてから、ディスプレイが大きくなったので、使用頻度が高くなったのが電子書籍アプリ。

マンガワンとか、マガジンポケットみたいな一話ダウンロード型のタイプのものから、購入一括ダウンロード型のKindleをよく読むようになりました。

マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める漫画アプリ
マンガワン-毎日更新!最新話まで全話読める漫画アプリ
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ

マイネオは格安SIMの中でも割と速いので、ページ毎に読み込みが入るタイプの漫画アプリでも、全然ストレスなく読めるし、iPhone7Plusの画面の大きさも相まって、とっても快適です。

 

iPhone6sをdocomoプランで使用したレビュー・評判

現在、僕の妻がメイン端末として使っているiPhone6s。発売した次の週に届いたので、もう1年以上マイネオで運用していることになります。iPhone6sもmineoで使って、iPhone7もmineoで使っていると、長期ユーザーであることを改めて認識させられます。

妻はほとんどスマホを使わないライトユーザー。主に使う機能は、インターネット閲覧、LINE、nohana、そしてマイネオが提供しているLaLacallくらいですね。

LaLa Call~050で無料通話がお得な通話アプリ
LaLa Call~050で無料通話がお得な通話アプリ
開発元:K-Opticom
無料
posted with アプリーチ

 

1年経った時のレビュー記事で、妻が感じるマイネオの使用感について書きましたが、今回記事を書くにあたって、改めて質問してみました。

  • 僕「iPhone6s、マイネオで1年使ってみてどう?」
  • 妻「別に普通だよ」
  • 僕「速度って、遅く感じる?」
  • 妻「全然」
  • 僕「昼間(12:00~13:00)はどう?」
  • 妻「そんなに携帯みないから意識してないなぁ~」

 

という非常にあっさりした答えでした。ライトユーザーでは速度に対する感覚があんまり変わらないのだなぁ、と改めて感じましたね。

通信費が2人で月々12000円掛かっていたのが、現在は1台につき月1580円となって安くなった当初は、凄く有難がられたんですけど、今は安くなってるのが当たり前になっちゃって、特に金額に対するコメントもありませんでした(笑)。

通信料が安くなるmineo公式HPを見てみる→mineo

 

iPhoneSEをdocomoプランで使用した感想

f:id:tonashiba:20161104115251j:plain

勢いで買ったのが、iPhoneSE。このブログで折角だからレビューしたいなぁ、と自分に言い訳して購入しちゃった端末です。

現在はメインのスマホ(仕事用)にしています。後に書いてますが、仕事用という事で、通知を見逃さないために、apple watch series2と連携して使っています。

 

iPhoneSEの中身はiPhone6sなんで、快適そのもの。メインの端末の使用用途は電話と、テザリング。Dプランで契約しているので、iPhoneでもテザリングが使え、出先で活躍してくれています。

apple watchとの連携も、マイネオだから上手くいかないという事や、アプリのダウンロードができない等のトラブルは今の所、全くありません。

 

iPhone5c(au版)をauプランで使用した評価

このiPhone5cはauからキャリアとして販売されたものです。iPhone5cもこのブログでau端末の検証のために購入した端末です。マイネオのauプランで使っていました。

au版iPhoneであっても、格安SIMを使えるのがマイネオの魅力です。通信速度も十分速く、今でも十分使えるレベルですが、iPhoneSEを購入してしまったため、出番がなくなっています。

 

au版のiPhoneで注意するポイント

途中にも書きましたが、iPhone5cに限らずauプランを使ってマイネオを使う場合は、テザリングができませんので、ご注意ください。

 

iPhoneを4台使って感じること

「iPhoneでも格安SIMって全く問題なく使えるし、むしろandroidより設定が簡単」というのが、iPhoneを4台設定してきた、僕の評価。

iPhoneって何故か、「格安SIMだと使えない」と思っている方、結構多いんですよね。「格安スマホと格安SIMがワンセット」みたいに思い込んでいる人が意外といますし、当初は僕もそう思っていました。

 

でも実際は、先に書いた4台のiPhoneのように格安SIM(MVNO)である"mineo"で使う事ができます。設定の事を考えれば、格安スマホよりもiPhoneの方が簡単です。

今まで色んな端末を使ってきて、端末の性能が良ければ通信速度が遅い欠点をカバーするんじゃないかな、と思っています。通信速度が遅くて、端末の処理速度も遅いとイライラしちゃいますよね。

そういった点で、iPhoneの処理速度は非常に速く、高い性能を持っていますから、通信速度が遅くダウンロードが遅くても、その後の処理が速いんです。ハイスペックなiPhoneと格安SIMって相性が良いんじゃないかなと、改めて思いました。

iPhoneが使えるmineoの公式HPを見てみる → mineo 

 

マイネオに対する妻の評判・口コミ

先の「iPhone6sのレビュー」の項目でも書きましたが、iPhoneをマイネオで使うことに対して、全く不満はないようです。うちの家庭は共働きなんですが、妻は車通勤ですし、基本的にスマホを外でいじる時間は少ないことも影響しているかもしれません。

また12:00~13:00の格安SIMにとって、魔の時間帯も使っている時間が少ないためにほぼ気にしていないとのこと。

 

妻のデータを使う特徴的な使い方といえば、LINEで子供の映像を見せるために、祖父母とビデオ通話する事と、nohanaというデジタルフォトブックを作るサービスの使用です。

LINEのビデオ通話については、僕自身も使った事がありますが全く問題なく使えます。無料通話は低速モードでも繋げることができます。

また、nohanaの写真のアップデートも問題なく行えているようで、「データ通信が遅いからnohanaができなかった!」という事は一度も言われておらず、全体を通して不満はないようです。

 

nohanaやビデオ通話も普通に使えるmineoの公式HPを見てみる → mineo 

 

iPhoneはデータ通信のみで使える?

もちろんデータ通信のみでも使えます。上で書いたiPhone5cはデータ通信SIMで契約を行っています。そのため、080、090で始まる電話番号は持っていません。

しかし、電話としての機能はiPhoneに備わっているため、LINE電話や、050電話番号の付与される電話代が安くなるアプリ「LaLaコール」等はデータ通信用SIMでも通り使えるのがありがたいですね。

子供にお下がりのiPhoneとデータSIMを組み合わせて渡しておく、という利用方法もありそうです。

 

ちなみに、mineoのデータ通信SIMは、SMS(ショートメッセージサービス)も使えるので、LINEの登録も可能です。 

 

データ通信+LaLaコールでさらに安く

 一つ上の項目で書いたように、iPhone5cをデータ通信+LaLaコールで運用していた時期があります(現在はしていません、というかiPhone5cを使っていない・・・)。

この組み合わせだと、データ通信SIM:3GBで900円、そしてLaLaコール:100円を組み合わせる事で、3GBで1000円/月で運用できるんです。

auプランならSMSは無料で付いてくるため1000円で使えます。docomoプランの場合は、SMSを120円/月を付ける必要はありますが、1120円/月でスマホを運用することができます。

 

MMSが使えないのが欠点

 iPhoneをmineoを含む格安SIMで使うデメリットの一つがMMS(メールメッセージサービス)を使えないこと。

対応していないものはどうしようもありませんが、mineoから割り当てられるメールアドレスをチャット形式のメールアプリに対応させる方法が2つあります。一つはSwingmail(スウィングメール)、もう一つはcosmosia(コスモシア)です。

 

これらのアプリを使えば、簡単にチャット形式でメールを運用することができるので、ぜひとも使ってみて下さい。

 

iPhoneってテザリングできるの?

DプランでiPhoneを使う場合はテザリングは可能です。 iPhoneSEにDプランのSIMを導入しており、出先ではテザリング状態でパソコンを動かす事がよくあります。

さらに、マイネオでテザリングを使うメリットが「無料」であること。大手キャリアによっては、約500円/月かかるところもあるんですよね。

 

mineoを使っているからと言って、テザリング方法が変わる訳でもありません。テザリングのやり方は「設定から、インターネット共有をオンにする」だけです。

テザリングの方法については、下記でまとめているので、よければ見てみて下さいね。

 

auプランはテザリング不可なので注意

docomoプランならテザリング可能と書きましたが、auプランは、テザリングは完全にNGです。これはauのiPhoneを使っている人にとっては、不利な機能制限かもしれません。

もしSIMロック解除対象のiPhone(6s、SE、7)でマイネオを使おうとしていて、テザリングを使うなら、auショップでSIMロックを解除してもらい、Dプランで運用する方が良いでしょう。

 

iPhoneはmineoのキャリアメールが使いやすい

マイネオでiPhoneを運用することのデメリットとして、MMSが使えない事を挙げました。MMSが使えないのは残念ですが、一方、mineoのキャリアメールは非常に使いやすくなっています

特に、iOSのみで配信されているメールアプリ「Spark(スパーク)」が、マイネオのキャリアメール(@mineo.jp)と非常に相性が良いんです。設定も簡単だし、メールの設定もしやすいといった特徴を持ったメールアプリですね。

Spark - メールがもう一度楽しくなる
Spark - メールがもう一度楽しくなる
開発元:Readdle Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

「Spark」の他にも、先に挙げたチャット形式のメールアプリ「Swingmail」も設定が簡単で、直ぐに使えるようになります。メールアドレスとパスワードだけで、キャリメールが使えるようになります。

Sparkの設定方法については、下記でまとめているのでよければどうぞ。

【関連記事】mineoメールの設定が簡単なiPhoneアプリ「Spark」がおすすめ【設定方法有り】 

 

ウィジェットがすっきりしていて良い

f:id:tonashiba:20160216215157p:plain

細かいことですが、iOS版のウィジェット、デザインがすっきりしていて良いですね。残容量もわかりやすいし、マイネオスイッチで簡単に低速モードに切り替えられるし、何よりも、ツールバーに入っていて主張しない感じが好きです。

 

apple watchとの相性

f:id:tonashiba:20161030214142j:plain

現在僕が使っているapple watchはseries2になりますが、特に問題は起きていません。そもそも、apple watchはiPhoneのデータ通信を利用してデータを送ってもらっているだけなので、iPhoneでmineoと通信が確立されていれば、問題が出ることはないはずなので、あまり心配はしていません。

欲を言えば、mineoのウィジェットをapple watch側と連携してくれれば低速モードの切替をapple watchからできるのになぁ・・・と思う事はよくありますね。

 

iPhoneを4機種使ってきたまとめ

総まとめすると、「mineoとiPhoneの組み合わせは全く問題なし!」という結論です。今まで5シリーズから7まで試してきましたが、困った事は本当にありませんね。むしろ、プロファイルのインストールは簡単だし、メールの設定を見れば、androidの方が厄介だったくらい。

現在、iPhoneをキャリアで使っている人はマイネオにすると、約5000円~6000円位節約できるはず。特に、docomoと、auの人はとても簡単にmineoへ簡単に切り替えられます(Softbankはちょっと大変)。

我が家では年間12万分くらい浮くようになったので、その節約分で家計を楽させてもらってます。

 

iPhoneの通信料金が安くなるmineoの公式HPを見てみる→mineo