格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

格安SIMで使うiPhoneを安く購入する方法

f:id:tonashiba:20161108232730j:plain

格安SIMで契約するのは良いけど、スマートフォンはiPhoneが良い!!という人は結構いるんじゃないかなと思います。僕ももちろんその一人。

でもiPhoneはやっぱり高い。出来るだけ安く手に入れたいよー。という人も多いんじゃないでしょうか。そこで、今回は出来るだけ安くiPhoneを使うという観点で、その方法を紹介していきたいと思います。

 

新品ならiPhoneSE(SIMフリー)がおすすめ

一番おすすめな方法は、iPhoneSE(SIMフリー版)の新品をapple storeで購入することです。この方法がいちばん気を使わずに設定ができます。

あまり知られていませんが、iPhoneSEは販売当時の値段から値下げをしていて、16GBなら、44,800円で買えちゃうんです。しかも性能はiPhone6sと同じくらい。

格安SIMの中でも人気のZenfone3と比べてみても、実は5000円しか変わりません。かなりお得に感じませんか?

iPhoneSEなら女性に多いローズゴールドも選べるし、手のひらに収まるサイズだし、安くても満足度の高い端末ですよね。

 

iPhone6シリーズの中古も狙い目

安く買うなら、中古で購入するのもアリです。特にiPhone6。中古端末がかなり出回り始めていて、価格がどんどん落ちてきていて、3万円以下もチラホラ見かけます。

iPhone6の中古価格を見てみる→じゃんぱら-iPhoneの検索結果

 

スマホの端末販売は、いろんな会社が行なっていますが、個人的にいちばんおすすめは「じゃんぱら」です(このサイトで紹介しているiPhone5cも「じゃんぱら」で購入してます)。

じゃんぱらは、「赤ロム保証」といって中古の端末がネットワーク制限かかった時にも、端末を交換してくれる保証をやっています(というか、この保証があるからこそじゃんぱらを利用しています)。

赤ロム保証があるかどうかで、安心感が全然違いますよ。

 

豆知識:赤ロムとは?

ご存知の通り、スマートフォンは分割支払いで購入することができます。そのうち、いくつかのスマートフォンが中古として並ぶのですが、分割支払いが終わっていないスマホもあります。

この分割支払金を、以前の使用者が滞納した場合、通信会社からスマートフォンの通信を勝手に制限されてしまうことを「赤ロム化」と言い、使えなくなったスマホを赤ロムと呼びます(ちなみに分割支払いも終わっているスマホは「白ロム」と言います)。

 

 

iPhone6シリーズを手に入れるなら?

iPhone6シリーズを新品で手に入れるのであれば、Biglobe SIMを使う方法があります。4.7インチディスプレイのiPhone6だけでなく、5.5インチのiPhone6sも選ぶことができます。

注意点は海外版のメーカー整備品であること。その分価格は安くて、iPhone6、iPhone6 Plusともに64,800円で手に入るのはメリットだと思います。

 

Biglobe SIMの公式HPを見てみる → 端末一覧 | 格安スマホ・タブレット | BIGLOBEインターネット接続

 

まとめ

いくつか方法を紹介しましたが、やっぱりいちばん良いと感じるのは新品のiPhoneSEを購入するパターンですね。iPhoneSEをmineoのDプランで実際に使っていて、手のひらサイズで使いやすく、かつハイスペックなので、重い動作をやっていてもサクサクこなしてくれます。

しかも、mineoの公式端末のラインナップは5インチスマホしかありませんから、逆にiPhoneSEのような小さめ端末(4インチディスプレイ)は余計に狙い目かもしれません。

 

apple storeを見てみる → Apple(日本)