格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【第3回(完)】iPhone6s(SIMフリー)をD(docomo)プランで設定!スピードテストも!

f:id:tonashiba:20151114130445j:plain

iPhone6sは、やっぱりdocomoプランで使うべきですよ!!

 
どうも、こんにちは、となしばです。
 
さて、先日iPhone6s(SIMフリー)を購入し、mineoのSIMを使って、セットアップ、アクティベーション、そして運用を始めています。今までの記事は下記のとおり。
 
 

 

 

前回は、auプランを使ってプロファイルの設定を行いましたが、今回はdocomoプランの方で、モバイルデータ設定を行いました。
 
それでは、行ってみましょう!
 

 

docomoのSIMカードを挿入

f:id:tonashiba:20151114130459j:plain

 
もうこの作業は、だんだん飽きてきました・・・。最初は新鮮さでいっぱいだったんですが。特にnanoSIMは、背面がほぼすべて金属部分だから気を遣うんで、肩が凝るし、飽きてきたのと相まって、すごく嫌なんですよね・・・
 
 

dプラン(docomo)用のプロファイルをインストール

f:id:tonashiba:20151109220810p:plain

 

iOSの標準ブラウザの「safari」からmineoのdocomo用端末のプロファイルがインストールできるホームページ「動作確認端末一覧 | mineo(マイネオ)」に行って、対象ソフトをインストールします。

 

プロファイルは下記のようなもの(画像はau版の物を載せていますが、内容はau→docomoの表記に変わるだけで、同じものです)

 

f:id:tonashiba:20151109221243p:plain

 

インストールすれば、LTEを利用したモバイルデータ通信、音声通話ともに利用可能になっていると思います。一度、ネットを開くのと、音声通話ができるかどうか、試してみて下さいね。

 

しかし、プロファイルのインストールのみで格安SIMの設定が済むiOSの方がandroidよりも設定が優しいと感じるのは僕だけなんだろうか?

 

スピードテストの結果は?

スピードテストの結果はこんな感じ。土曜日の12:00と12:30の2回測定を「BNRスピードテスト(画像読み込み版)」で実施しました。
 

f:id:tonashiba:20151114132355p:plain

 
土曜日とはいえ、昼頃(12:00と12:30に測定)なので、速度が最も落ちる時間帯にもかかわらず、平均速度4.31Mbpsと、3.21Mbpsで、ネットの閲覧に十分なスピードを確保できています、よかったよかった。
 
ちなみに同じ時間帯にXperiaZ3(auプラン)で行った結果がこちら

f:id:tonashiba:20151114132839p:plain

 
ちょっと見づらいですが、12:00が平均3.47Mbps、12:30が平均2.95Mbpsでした。iPhone6sには負けてしまいましたが、まぁこれでもネットを見るくらいなら十分な速度です。
 

3回分の総まとめ

内容が重複しますが、このSIM交換の一連作業、やり過ぎてだんだん慣れてきました(笑)。今年に入ってから、何回SIMを変える作業をしたのだろうか。。。
 
 
そういえば、前回のエントリーで、au版のSIMではなぜか音声通話が使えないという問題が発生していましたが、docomo版ではそういった現象はなし
 
iPhone6sの強力なCPUも相まって、めちゃくちゃ快適な速度で使えています。
 
iPhone6sの導入記事はこの3回目で終わらせて頂き、iPhone6sの使用感や、mineoの使い心地は別途記事にしていきたいと思います。
 
 
それでは、快適なmineoライフをっ!!