読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

知ってた?実は一部の人だけmineo(マイネオ)を口座振替で支払えるんです

格安SIMを申し込む上で意外と困るのが「料金の支払い方」について、このサイトで紹介しているマイネオをはじめ、ほとんどの格安SIMでは、クレジットカードで支払うことが前提となっています。

しかし、ある条件を満たせば、マイネオでも口座振替で払う事ができるんです。今回はその方法について詳しく解説していきたいと思います。

mineo(マイネオ)で口座振替できる人とは?

結論から、mineoで口座振替ができるのは「eo光」を使っている人です。マイネオは関西電力の子会社である「ケイオプティコム」が運営している格安SIMです。このケイオプティコムは、もともと関西一円で、光固定インターネットのeo光を提供しています。

マイネオを契約するとわかるのですが、SIMカードを発行するために、初めにeoIDの登録を行います。このeoIDの名前の通り、このIDはeo光と共通なんですね。そのため、eo光で口座振替によって支払いを行なっている人は、mineoの支払いを共通化することができるんです。

 

他に口座振替する方法はない?

残念ながら、上記のようにeoのインターネットサービスとまとめる以外に、mineoの支払いを口座振替する方法はありません

ただ、個人的な感覚から言えば、クレジットカードを使う方が良いと思っています(もちろんきちんと金銭管理できる事が前提ですが)。クレジットカードはうまく使えば、ポイントが大きく返ってくるものもあります。

このサイトでも過去に、マイネオで使う上でオススメのクレジットカードをまとめています。よければ参考にしてもらえれば良いかと思います。

【関連記事】mineo(マイネオ)で使えるおすすめクレジットカード9選【他の格安SIMでも使えるよ】

 

デビットカードやプリペイドカードは?

残念ながら、デビットカード、プリペイドカードはともにmineoは対応していません

 

口座振替でないとどうしても嫌な人は?

現時点では、口座振替が使える格安SIMは少ないのですが、「楽天モバイル」は口座振替に対応しています。

楽天モバイルの場合、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行といったメガバンクだけでなく、数多くの銀行に対応しています。

また、楽天モバイルは「楽天デビット」、「スルガ銀行デビット」にも対応している珍しい格安SIMなのも押さえておきたいポイントです。

イオンモバイルは、イオン銀行があるため使えそうですが、残念ながら現時点では対応していません。クレジットカードを持ちたくない(作れない)という人で銀行引き落としの場合は、楽天モバイルが良さそうです。

口座振替、デビットの使える楽天モバイルを見てみる→【楽天モバイル】

 

もしプリペイドカードで使うなら?

「クレジットカードは嫌だけど、プリペイドカード(SUICAやICOCA等)なら・・・」という人は、一番おすすめなのはLINEモバイル(ラインモバイル)です。

LINEが提供している格安SIMで基本的には、クレジットカードでの支払いが前提ですが、LINEが発行しているプリペイドカード「LINEペイ」を使えば、LINEモバイルの格安SIMを申し込む事ができます

LINEペイのカードは、過去に例を見ないほどお得な還元率を誇り、プリペイドカードでは尋常では無い2%のポイントバックがあります。LINEの関連でしか使えないことは弱点の一つですが、それよりも大事なことは、クレジットカードを持たない人でもSIMカードを発行できる魅力があります。

 

まとめ

今回は、mineo(マイネオ)で、口座引き落としを使う裏技的な方法をお伝えするとともに、もしどうしてもクレジットカードを使いたく無い人のために、口座振替、デビットカード、プリペイドカードの使えるmineoと異なる2種類の格安SIMを紹介しました。

ただ、何度も繰り返しになりますが正直なところクレジットカードを作った上で、マイネオに申し込んだ方が無難だと思います。

その理由は、今後使っている格安SIMの状況が悪くなった時に、クレジットカードが無い事で、申し込める格安SIMが限定されてしまいMNP(ナンバーポータビリティ)が難しくなるからです。

クレジットカードは、使いすぎると怖いもの。自制が効かない人には絶対におすすめしませんが、そうでなければ、支払いの一つの選択肢として考えてみてくださいね。

マイネオの公式HPを見てみる ⇒ mineo