読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【2017年版】格安SIM「マイネオ」を2年使った感想・口コミを書いてみる

「マイネオをレビューするブログ」を訪れて頂きありがとうございます。お蔭様で、このブログを開設してから、もう1年半以上も経過していました。本当にありがとうございます。

マイネオの1ファンとして、どんどん回線数が増えているのも嬉しい限り。また、このブログを通じて、悩んでいる人に対して「ちょっとはお役に立てたかな?」と、勝手に自己満足していたりしています。

さて、本題から少し逸れてしまいましたが、この記事では、「私が2年間マイネオをつかってきた感想・口コミ」をテーマに書いていきたいと思います。

マイネオを気に入っている事もあって、褒めている内容が多めですが、ファンとして改善してほしい部分、悪い部分も正直に書いています。それでは、いってみましょう。

まず初めにマイネオ契約状況

色々な情報サイトを見ていると、「ほんとにあなた契約してるんですか?」というサイトもよく見かけるので、証拠がてら、私の契約状況をスクリーンショットで撮影してみました。

下記の画像を見ていただくとわかりますが、一人で5回線を契約しています。このうち音声通話が2本、残り3本がデータSIMです(docomプランが2本、auプランが3本)。

 

契約期間は一番長いもので27ヶ月となっています。キャリアで使っていれば2年縛りを超えて、2周目に突入しています。

 

音声通話は私と妻がそれぞれ使用しており、残りのデータSIMはタブレットで使ったり、このブログでのスピード計測テスト用に契約しています。

 

マイネオを2年使って感じたメリット

2年間ほぼノートラブル

マイネオをはじめ、格安SIMはキャリアの月額料金に比べて5000円ほど安いので、どうしても「安かろう、悪かろう」のイメージがある人が少なからずいると思います。私も同じように思っていました。

しかし、実際に2年使ってみて通信障害が起きるといったトラブルは、まだ格安SIMが始まった当初(2015年の4月ごろ)に1回あったくらいで、それ以降は一度も出くわしていません。

2016年、2017年ともに安定して使えており、安心しています。

 

対応端末が格安SIMの中で一番多い

この2年間の中でau、docomoの両方の回線に対応したマルチキャリアになったので、キャリアで契約していたスマホがそのまま使える対応端末が最も多い格安SIMになりました。

docomo、auを使っている人なら迷いなくそのまま使うことができるので、とても助かります。

キャリアの端末ならほとんど使えますが、自分の端末が使えるかどうかはmineoの公式HPで、ちゃんとチェックしてみてください。

各キャリアからの乗り換え方法は下記のリンク先でまとめているので、参考になればうれしいです。

 

iPhoneもちゃんと使える

2年間使ってきたうちの半分はandroid、半分はiPhoneで使ってきました。

最初のころ、au版のiPhone5シリーズが使えない、という状況だったんですが、現在はiPhone5シリーズ以降は全て使えるようになっています

現在、私はiPhone7Plusで使っていますが、快適そのものです。iPhoneのことも書くとこの記事がさらに長くなるので、こちらのレビューをよければご覧ください。

【関連記事】マイネオ(mineo)でiPhone5c,SE,6s,7plusを使ってきた評価・レビュー

 

マイネオは十分な通信速度がある

マイネオは安い分、キャリアよりも通信速度が落ちますが、それでもインターネットを見たり、漫画アプリを読んだり、ゲームをしたり、YouTubeを観たりと言った普段の用途で通信速度に困ることはまずありません

私は通勤で2時間ほど電車に乗っていて、おそらくスマートフォンを人よりも使っている時間が長いと思いますが、その中で使う分には不満はほとんどありませんね。

 

最近、amazonのプライムビデオにハマっていて、電車の中でもよく見ています。Youtubeに比べると、もう一つ高画質でデータ量も多いですが、それでも快適に見れています。マイネオはキャリアほどではないにしても十分な通信速度だと、改めて感じさせてくれますね。

 

テザリングが無料

スマホとパソコン、タブレットを繋ぐテザリングが無料でできるのも大きなポイントですね。外で仕事する場合に助かります。

 

地震警報もきちんと受信できる

みなさんもスマートフォンで地震警報を受信することに一度は出くわしたことがあると思います。

マイネオでは、あの地震警報もきちんと受信できます。訓練警報でしたが、実際に受信したのがこちらです。

 

地震速報については、スマートフォンによって対応が異なります。詳しく知りたい方は、別記事でまとめているのでこちらを参考にしてみて下さい。

【関連記事】mineoを使ったiPhoneや公式端末は緊急避難速報(ETWS)に対応してる?調べてみた! 

 

音声通話の選択肢が増えた

2016年から2017年にかけて大きく変化したのが、マイネオの音声通話。

これまでマイネオの弱点であった音声通話でしたが、「かけ放題プラン」の登場によって、大きく変化しました。かけ放題プランの特徴は、次の通り。

  1. 月額料金850円
  2. 5分以内なら何度でも無料
  3. 電話番号は090,080発信
  4. 通常の音声回線を使用しているため「高品質」

 

これらの中でも、マイネオ電話は090,080で発信できるため、「相手を混乱させない」という大きなメリットがあるでしょう。

電話回線を利用した電話なので、途切れることもなく高品質ということも、メリットの1つですね。

 

このマイネオ電話に加えて、これまでの通話プランもちゃんと残っています。IP電話の「LaLaコール」は050発信ながら、LaLaコール同士は無料で月額100円、とお得に使えるので、家族通話に利用する方法もあります。

私自身は、かけ放題を使うほど、音声電話を使わない(LINE電話で済ませることが多い)ので、LaLaコールを使っています。

LaLaコールの料金プランを見ていただくとわかりますが、固定電話にかける料金が3分8円と、とても安いので、「美容室や、ディナーの予約や、市役所や保育園への電話」の時に使うようにしています。

 

これくらいの料金なら、「予約を確認します」という待ち時間でもイライラしなくて済みますよ。

 

マイネ王の存在

50万回線突破したマイネオですが、それだけ回線数を伸ばした理由の一つにマイネ王の存在があると思います。

マイネオ自体がユーザーに優しいこともありますが、それに加えてユーザー同士のアドバイスがマイネ王の掲示板で活発に行われています

わからないことがあれば、googleで調べるのももちろんアリですが、マイネ王にも答えがあることが多いので、私も色々と見ることがあります。

マイネ王は、マイネオが運営しているサポートサイトですが掲示板に書かれている内容を見ていると、UQモバイル、LINEモバイルなど、他の格安SIMの情報もたくさん書かれています。これがかなり面白いんです。

マイネオだけの掲示板ではなくて、運営側が許容範囲を広くとっていることもあってか、運営会社がやっている掲示板としては、他の格安SIMにはない魅力があると感じます。

 

フリータンクの存在

フリータンクもマイネオの大きなメリットのうちの一つです。

21日以降になれば、最大1GB借りることができるので、「今月は容量が足りない!」という時に本当に助かります。

もちろん、余った時にはちゃんと寄付してくださいね。フリータンクは持ちつ持たれつのサービスなんで。

本来21日にマイネオのフリータンクの引き出しが可能になるのですが、熊本地震があった時に、「フリータンクの引き出し日程を速めた」という出来事がありました。

災害は無いに越したことはありませんが、いざ有事があった時にマイネオが即座に対応していたのが印象深かったと、同時にフリータンクという仕組みの良さを感じた出来事でした。

 

マイネオを2年使って感じたデメリット

昼間の通信速度低下が改善されない

キャリアに比べれば、料金が安いのであまり文句を言えない部分ですが、相変わらず昼間(12:00~13:00)の通信速度は、docomoプラン、auプランともに遅いです。

 

17時~19時台のラッシュも厳しめ

昼間の通信速度制限に加えて、最近、ラッシュの電話での速度低下が激しい気がします(昼間ほどではありませんが)。

私は通勤経路で大阪駅を通るのですが、上記の時間帯での大阪駅での通信速度がかなり低下している印象。

大阪駅を過ぎると改善するので、電波が混雑していることが理由だと思いますが・・・。できれば改善してほしいポイントです。

 

口座振替が使えない

マイネオに限らず、格安SIMのほどんどが口座振替に対応していません

1ファンの意見として、「早く口座振替に対応して欲しい」というのが正直なところです。その理由は大学生・専門学校生が申し込みにくいから。

大学生・専門学校生は、お金がない人が多いと思っています(少なくとも私はそうでした)。しかし、マイネオはクレジットカードでの申し込みが基本となっていて、申込にくいのが現状です。

口座振替を使うのであれば、実績も踏まえて考えると楽天モバイル一択ですね。

 

テザリングの対応機種がややこしい

無料で使えるテザリング(スマホとPC、タブレットをつないで通信する機能)は、機種によって、使えるかどうかが異なっています。基本的には下記の通りです。

  1. SIMロック解除していないdocomoのandroidはテザリング不可
  2. iPhoneシリーズをauプランで使う場合はテザリング不可

 

もし、ビジネス等でテザリングを使う可能性があるなら、かならずマイネオの公式HPで確認してください。

最近になって気付いたのですが、docomoのモデルでSIMロックを解除しなくてもテザリングができる機種が出てきています(XperiaX Performance、XZなど)。

SIMロック解除する必要がなくなれば、その分手間が減る(安くできる)ので、改めて、自分のスマホがSIMロック解除必要かどうかを公式HPで確認するようにしてくださいね。

 

マイネオの基本料金について

2年間使っている中で価格改定は何度かありましたが、現状は下記のようになっています。 まずは、マイネオのdocomoプランの料金がこちら。

 

次に、マイネオのauプランの料金がこちら。

 

端末の値段が入っていないといっても、キャリアに比べれば、とても安い価格設定です。おそらくほとんどの人が3GBプランを契約すると思うので、基本料金はおよそ1600円(税抜き)くらいです。

ちなみに下記は私の料金明細です。私は音声通話プランを3GBで契約しているので、消費税や通話料を合わせて、大体2000円くらいです。

 

妻も同じプランなので、家族で合わせて月々約4000円です。キャリアなら7000円×2回線で14000円。差額なんと1万円。年間でスマホ1台につき、12万円も違ってきます

マイネオを知っているか、知らないかでこれだけ損得が変わるんです。節約するならちゃんと知っておきたいポイントです。

公式HPで料金プランを詳しく見てみる ⇒ mineo

 

通信速度(スピードテスト)と設備増強

マイネオのスピードは、格安SIMの中では普通です。遅い訳でもありませんが、特別速いわけでもありません。

2年間使ってみて、良かったと感じるのは、遅く感じたり、急に速くなったりという差をほとんど感じなかったことです。

「速度が変わるってどういうこと?」と思われるかもしれません。ここで、ユーザ数と設備状況における、速度の変化について詳しく説明したいと思います。

 

マイネオはdocomoやauから回線を借りて運営しているのですが、ユーザー数が増えると回線を増強(設備増強)をする必要があります。

この設備増強のやり方は格安SIMの会社によって違っていて、ユーザーが増えて苦しくなったら一気に増やすタイプと、細かいタイミングで増やすタイプがあります。

 

マイネオは細かい感覚で設備増強をしているタイプなので、速度が急激に速くなったり、遅くなったりしにくい格安SIMと言えますし、実際に使っていても、差を感じにくいことが特徴があります。

速度が極端に速くなる分には問題ないのですが、極端に低い時期があると、使っていてストレスがたまることがあります。マイネオはこまめに設備増強してくれるため、そういったストレスを感じることはこれまで一切ありませんでした。

 

マイネオはマルチキャリアのため、docomoプランとauプランの2種類がありますが、どちらも実用性はほぼ変わりません。

スピードテストについては、下記でまとめているのでよければ参考にして下さい。

【関連記事】マイネオのスピード(通信速度)テスト結果まとめ 

 

 

マイネオファンとしての要望

次からはマイネオファンとしての要望(希望)を書いていきたいと思います。

まだマイネオを使った事がない人は、現時点で出来ないことと捉えてみてもらうと良いかと思います。

 

プレミアムコースの一般化

オプション料金を支払うことで、速度面で優遇が受けられるプレミアムコースをぜひとも早く一般化して欲しいです。

プレミアムコースは抽選で応募、当選した人のみが対象になっているため、使える人が限られています(現在応募は行なっていません)。

テスト期間中にモニターに当選したので、使っていましたが、平日昼間もとにかく快適に使えて、非常に使い勝手がよかったことを記憶しています、ぜひとも早く対応して欲しいところです。

 

iPhoneの取り扱い

かなり難しいと思いますが、iPhoneの取り扱いがあれば格安SIMとして他と大きな差別化になるはず。

ただiPhoneを取り扱うことになれば、販売ノルマとか出てくるでしょうから、価格に跳ね返ってくる可能性もありますよね・・・。あくまで希望です。

 

マイネオメールのセキュリティアップ

ぜひお願いしたいのが、マイネオメールのセキュリティアップ

マイネオに乗り換えると、当たり前ですが、キャリアのメール(@docomo, @softbnak, @ezweb)が無くなります。

キャリアメールからマイネオメールに乗り換えることで困るポイントは下記の2つです。

 

メールアドレスではじかれる

おそらくほとんどの人が、LINEやGmailを使っているため、キャリアのメールを使わなくなっていると思います。私もそうです。

ただ、LINEを使っていない人にはEメールで送る必要がありますよね。この場合、マイネオのメールが迷惑メールとしてはじかれてしまうことがよくあります。

スマホが苦手でガラケーを使っている人とのやり取りの中で、マイネオメールがはじかれると、知らないが故に、理由がわからないまま困ることになると予想しています(というか、実際に一度経験しました)。

 

銀行のメールアドレス登録ができなかった

過去、銀行のパスワード通知用メールとして登録できないことがありました(私の場合はゆうちょで使えませんでした)。

確認してみると、docomoをはじめとしたキャリアのメールはセキュリティレベルが高く設定されているため、登録が可能ということ。

もし、マイネオメールのセキュリティレベルが上がると、より使いやすくなるのになぁ・・・という印象です。

 

MMSの対応

iPhone、andrdoidともにキャリアメールを使うと、MMS(マルチメッセージサービス)でやり取りができるようになります。チャット形式のMMS便利ですよね。

マイネオメールでも、「Swingmail」というアプリを使えばチャット形式にできますが、できれば標準のMMSに対応してくれれば最高に使い勝手がよくなりそう

マイネオメールがMMS登録できるようになれば嬉しいです。

 

要望はいっぱい出したけど 

デメリットはほとんどないと書いておきながら、最後に要望をたくさん書いてしまいました。

でも、もちろん価格とのバランスもあるので、値段が高くなるなら、これらの希望はいりません(オプション料金で対応するなら申し込みたいものもあるけど)。

やっぱり"格安"SIMですから、料金が安くないと意味ないですよね。

 

マイネオを2年使ったまとめ

かなり長々と書きましたが、マイネオを2年使っていて、今でもとても満足しています。これからも当分乗り換えないつもり。

2016年度の価格.comの満足度調査でも1位になったように、マイネオは私含めて、周りのユーザーの満足度がとても高いのが特徴です。

 

正直、まだまだ格安SIMは、全体のスマホユーザーから考えると利用率は低いです。

だからこそ、格安SIMはさらに伸びていくんじゃないかなと勝手に予想していますし、1ファンとしては、中でもマイネオがどんどん増えていけばいいなと思っています。

2年以上使ってみて、安定、安心して2000円以下で使えるスマホ、それがマイネオですよ。まだ使った事ない人はぜひお試しあれ。

 

マイネオの公式HPを見てみる ⇒ mineo