読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【重要】mineo(マイネオ)を解約(MNP)する時の注意点、解約金(違約金)など

f:id:tonashiba:20161104093955p:plain

色々な格安SIMを使ってきてmineoが一番良いと感じているのですが、お試しで使ってみて、「昼の速度低下が許せない」とかいう人もいるかもしれません。そんな人の最後の手段が解約、もしくはMNP(ナンバーポータビリティ)になりますよね。

今回は、「mineoの解約、MNPの手続き方法、料金、そして注意点」について、紹介していきます。

mineoの解約にかかる料金

mineoを解約する場合、状況によって金額が大きく異なります。パターン別に紹介していきたいと思います。

 

パターン1:通話SIMを解約

mineoの良い部分の一つとして、MNPを伴わない解約の場合、解約料金(違約金)がかからないというメリットがあります。通話SIMを使っていて、12か月以内の解約で解約料金がかからない格安SIMは、mineoとFreetelくらいしかありません。

 

パターン2:通話SIMをMNP

mineoから、MNP(ナンバーポータビリティ)を伴う解約をする場合、mineoを契約してから12か月経過しているかどうかが大きなポイント。差は下記の通りです。

  • 12か月以内:MNP手数料12000円
  • 13か月以降:MNP手数料2000円

 

13カ月以降のMNP料金は2000円なので非常にリーズナブル。ただし、転出先のキャリアでも、3000円の事務手数料がかかるのは押さえておきたいところです。 

 

データSIMを解約する場合

データSIMの場合は通話SIM同様に、契約から何か月の間に解約しても料金はかかりません。このシステムはmineoに限らず、ほとんどのどこの会社の格安SIMでも同じですね。

 

こんな時は解約できない!!大事な注意点

mineoではいくつかの条件が揃うと解約したくても、解約できなくなってしまう場合があります。mineoならではのものもありますので、注意が必要です。

 

パケットシェアメンバー

mineoが解約できない条件のうちの一つがパケットシェアのメンバーにグループとして登録されている時。グループを解散してもらう(自分がリーダーなら、解散する)か、改めてメンバーを組みなおす必要があります。

特に注意したいのが、パケットシェアメンバーに登録するために、各メンバーに申請中で、承認がすべてのメンバーで完了していない時も解約手続きができないこと。パケットシェアグループの申請中であってもmineoの解約はできないので、注意が必要なんです。

 

プラン変更の手続き中

プラン変更中(例えばA⇒Dプランへの変更)も解約手続きができません。プラン変更しているのに、解約する人はほとんどいないと思いますが。

 

割賦金に注意

docomo、softbank、au等の大手キャリアと同じで、端末を分割で購入している場合は、一括で支払う必要があるので注意してください。

 

mineoを解約(MNP)するためには

mineoを解約するためには、 「解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ|初期設定と各種設定|mineoユーザーサポート」からマイページに入って、手続きをする方法が最も楽に手続きできます。

 

まとめ

ここまで読んで頂いて思われたかもしれませんが、意外とmineoは解約のややこしさはありません。キャリアと違い、2年縛りもなく、最大でも12か月使えばMNP料金が2000円と低コストなのは、格安SIMならではのメリット。

格安SIMって使ってみたいけど、どんな感じかわからないし、お試しで使ってみたいなぁ、という時にmineoは非常に適した格安SIMです。特に通話SIMで12か月以内でも解約金がかからないのは非常にありがたいです。

 

違約金、解約金が優しいmineoの公式HPを見てみる→mineo