読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【無線LAN比較】XperiaZ3(sol26)でbaffaloとNECの無線LANを比べてみた!

今回の話は、mineoそのものとは違うんですが、格安SIMをより便利に使いたいなら、ぜひ読んでほしい内容。それは「家で快適にネット環境をしたかったら、ちゃんとルーターやプロバイダを選ぼうよ」って話なんです。

 

格安SIMの場合、大手3キャリアと比較して、通信速度や通信量制限の観点から、外(モバイルデータ通信)では制約がある中で使うケースが多いと思います。

そのため、アプリの更新やゲームのシステムダウンロード、OSのバージョンアップなど、wifi環境に頼らざるを得ません。

 

このwifi環境、スマホによって相性の良いルーターと、そうでないルーターが存在するようです(Xperiaシリーズはbaffaloと相性が悪いと言われています)。

 

そこで、baffalo(バッファロー)と、NECの2つのルーターについて、パソコンで計測した場合と、スマホで計測した場合にどれくらい違いが出るのか、検証しました。

 

 

 

Baffaloの接続環境

プロバイダはeo光で、100MBコースを戸建てで契約しています。ルーターは「WHR-1166DHP」というモデル。一万円もしなかったのですが、快適に使っています。

 

   

パソコン(PC)での測定

まずはPCでのBNRスピードテストの結果から。下記の画像のように、平均データ転送速度で9.10Mbpsという速度。ベストエフォートで100Mbpsなんだから、もう少し出てもいいのに思うのが正直なところ。

 

f:id:tonashiba:20150827211331p:plain

 

 

XperiaZ3での測定

一方で、XperiaZ3でのスピードテスト結果は最高速度はPCに劣るものの、平均速度はほとんど同じ数値が出ています。

 

「XperiaZ3はbaffaloの無線LANと相性が悪い」という都市伝説がありましたが、少なくとも、eo光と「WHR-1166HDP」ではそういった相性の悪さは見受けられません。

 

 

f:id:tonashiba:20150827213011p:plain

 

 

 

NECの接続環境

比較対象の接続環境のプロバイダもeo光。ただし、こちらは1Gbpsでの契約をしています。また、こちらの機器は超ハイスペック無線LANである「WG2600HP」。

 

 

 

やはり1Gbps契約、ハイスペックLANということもあって、上記で比較しているのモデルとは比べ物にならないくらい早いです。それでは細かく見ていきましょう。

 

パソコン(PC)での測定

見ての通り、とても快適な速度。baffaloとweb閲覧のスピードはさぼと変わりませんが、重いファイルのダウンロードは明らかに変わってきます。平均速度21Mbpsってすごいなぁ。

 

f:id:tonashiba:20150823081727p:plain

 

XperiaZ3での測定

スマホでの通信速度も、PCには最高速度、平均速度、どちらも若干劣るものの、十分に早いレベル。とても快適に使用可能でした。さすが、1Gbps+ハイスペック無線LAN。

 

f:id:tonashiba:20150827213002p:plain

 

 

まとめ

結論から言うと、baffalo、NECどちらの無線LANでもXperiaZ3(sol26)のスピードが十分に出ていることがわかりました。我が家にはXperiaZ1(sol23)もありますが、こちらも同じような速度が出ています。

 

結果論になりますが、XperiaZ3とbaffaroの相性が悪くなくて良かったです。Xperiaとbaffaloの相性の悪い話は、無線LANを買い換えてから知ったので・・・。

 

格安SIMを使うことによって外で通信が制限される分、家では快適に使うためにも無線LANの環境はきちんと整えておいては如何でしょうか?

 

それでは、快適なmineoライフをっ!!