格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【ニュース】mineoに3機種(arrows M03,p9lite,Zenfone Go)が追加!(8月下旬予定)

f:id:tonashiba:20160628215925j:plain

 ついに、mineoの新しいラインナップが発表!!

 

mineoはマルチキャリアだし、値段も高くないし、通信速度もそれなりに速いし(昼は除いて)、格安SIMとしてあんまり弱点ってないんですけど、唯一弱点があるとすれば端末の充実度だと思うんです。

もともとdocomo,au網を使うマルチキャリアではなく、au網だけだったので、端末もau寄りの端末しかなかった事がその原因だと推測しています。ところが、2016/6/28のニュースリリースで、新たに端末が3機種追加されることになり、この弱点も克服しにかかってきました、やるなぁmineoさん。

 

新しく導入される3機種

 今回ラインナップに加わるのは、富士通のarrows M03、Heaweiのp9lite、ASUSのZenfone Go、の3種類。3つの機種を一言で言うならば、「手に入れやすい価格の3機種」と言えそうです(市場流通は全て3万円以下、M03は前機種M02の価格として)。

 今回のニュースリリースで驚きだったのは、mineoにとって初めてのHeawei、ASUSの端末が販売されるということ。今まで、mineoは国産メーカーばっかり取り扱っていたので、凄く新鮮なニュースでした。

 それでは、各端末についてちょっとずつコメントしていきたいと思います。

 

富士通「arrows M03」(D,Aプラン両方OK)

(SIMフリー)arrows M02 Black
(写真は前機種のarrows M02)

 以前から取り扱いのあるarrowsM02の正常進化版がこちらのM03。搭載されるandroidのバージョンは、最新バージョンの6.0 marshmallow(マシュマロ)。

 M02は比較的完成度が高いスマートフォンだったので、バージョンアップによる変化としては少ない印象なんですが、基本的に正常進化している端末です。特に進化しているところをピックアップすると、「カメラ」と「厚み」でしょうか。かなり違う印象です。

  • カメラ画素数 810万画素→1310万画素
  • 厚み 8.9mm → 7.8mm

 この2つは普段使いの上で特に影響が大きいところなので、嬉しい変化点ですよね。中でもカメラは、年齢を問わずに使うものなので重要。やっぱり思い出は綺麗に残したいですよね。

 

 M02の特徴であった、防水、防塵はもちろんそのまま。堅牢性を示すMIL規格も健在なので、M03も使い勝手の良い端末になりそうです。気になるのはM02の時にガラス割れが頻繁に起こっていたようなので、M03はそれがないことを祈っています。

 ちなみにmineo限定色として、グリーンが用意されるみたいです。前回はピンクでしたが、今回は男性も選びやすい緑という事だし、mineoらしい色なんで登場が楽しみです。

 そういえば、arrowsシリーズはおさいふケータイにも対応していて、Suicaも使えるのは大きなメリットです。あやうく、書き忘れるところでした。

 

 

Heawei「p9lite」(Dプランのみ)

HUAWEI P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-GOLD(ゴールド) 【日本正規代理店品】

 サムスン、アップルに次ぐ世界3位のスマートフォンメーカーHeawei(ファーウェイ)が販売する「p9lite」。以前販売されていたp8liteの後継機になります(mineoでは販売はされていません)。そんなp9liteの大きな特徴は「指紋認証」でしょう。mineo端末の中では指紋認証が付くモデルは初めてです。

 iPhone5s以降、もしくは指紋認証対応のスマートフォンを使ったことがある人はよくご存知だと思いますが、とにかく指紋認証って便利なんですよ。スリープ状態から、ロック解除してそのままホーム画面に行けたりしますから。

 

 ちなみに僕自身Heaweiの「honor6plus」という端末を使っているのですが、これがまたイイ端末なんですよ。使い勝手も良いし、画面もデカイし。Heaweiやるなぁ、というのが初めて使った時の印象でした。

 もともとp8liteの時にも十分な性能を持っており、さらにCPUを強化してきたp9lite。mineoの中でも、コイツが一番主力になりそうな予感がしています。

 

 

ASUS「Zenfone Go」(Dプランのみ)

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone Go ブルー ZB551KL-BL16

 端末の価格を抑えたエントリーモデルながら、価格.comでも高い評価を受けているのがこちらのASUS(エイスース)のZenfone Go。mineoの取引価格がいくらになるかは不明ですが、市場の流通価格としては2万円を切っているので、非常に買いやすいモデル。

 mineoに乗り換えるついでに新しい端末にしたいんだけどなぁ・・・とか、そんなに高いスペックいらないからできるだけコストを抑えたい!!という人にはオススメのモデルになるでしょうね。

 

 

期待の3機種は8月下旬

 これらの端末が登場するのは、8月下旬になるようです。価格は7月下旬に決定するとニュースでは報じています。一番大事なポイントは、端末販売に伴うキャンペーンなんですけど、ちゃんと先行予約キャンペーンがあるみたいですね。

 mineoの先行予約キャンペーンはお得なケースが多いので、ちゃんとチェックしておきたいところです。あぁ、登場が楽しみだ!!

 

 

mineoの公式HPを見てみる→ mineo