格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

格安SIMの乗換のタイミングが知りたいなら、mineoの料金シミュレータがおすすめ

mineoに限らず、格安SIMへいつ乗り換えたらいいかって悩みませんか?僕もすごく悩んで、パソコン使って、いろんなパターンをすごく計算した覚えがあります(もう2年前の話)。

今は格安SIMが盛り上がってきたのもあって、乗り換えタイミングを知るサービス(シミュレータ)がmineoにあるんです。どんなサービスなのか?紹介していきたいと思います。

 「とりあえず計算したい!」という人は下のリンクから一番下にスクロールして、「mineo乗換タイミング診断」を試してみてください。 

公式HPで乗換タイミング診断をしてみる ⇒ mineo

シミュレータで計算するのに必要なもの

それでは、順を追って説明していきます。まずシミュレーションするにあたって必要なものは下記の通りです。

  • 今の料金(端末代を抜いた料金)
  • 更新月(前回スマホを買ってから2年経った月)

現在の料金については、毎月送られてきている料金明細でも構いませんし、もし料金明細が送られてきていないタイプであれば、各ショップに行けば、どれくらいの料金がかかっているのかを知ることができます。

また、更新月についても各ショップで確認することも可能です。ここではとりあえずの計算なので、購入した年月+2年でも構いません。

 

 

 

iPhoneの場合は発売時期が下記のようになっています。すぐに買い替えた人をはじめ、ちょっとは更新月の目安になるかもしれません。

iPhone6 2014/9/19
iPhone6s 2015/9/25
iPhone7 2016/9/7
iPhoneSE 2016/3/31

 

念のため、日本で2番目に売れているXperiaについても書いておきます。Xperiaシリーズはキャリアによって微妙に販売時期が異なるケースがあるので、今回はdocomo版で揃えています。

Z3 2014/10/23
Z4 2015/6/10
Z5 2015/10/29
Z5Premium 2015/11/20
X performance 2016/6/24
XZ 2016/11/2

 

入力する項目は?

まず入力する項目で、自分が使おうと思っているデータ量を選ぶことができます。どれくらいのデータ量を契約すればいいかわからないなぁ・・・という人がいるかもしれませんが、ほとんどの人が3GBくらいだと思います(僕も3GBで契約しています)。

 

きちんとした調べ方は、「下記の調べ方」を参考にしてみてください。もし自分で調べるのが面倒だなぁ・・・という人は、ショップで店員さんに聞けば月間どれくらいのデータ量を使っているか、確認できますよ。

 

androidの通信量の調べ方

androidの場合は、「設定>データ使用量」の順にタップするだけで、データ通信量を確認できます。

 

iPhoneの通信量の調べ方

iPhoneの場合も簡単で「設定>モバイルデータ通信」で確認することができます。androidと違って、少し注意しないといけないのは、これまでのデータ量の合算になっていること。 

そのため、一番下の「統計情報のリセット」を押して、期間データを測定し直す必要があるので、ご注意ください

 

データ量を選択したら、次に電話番号を引き継ぐかどうかを選択します。もし電話番号を変えてもよければ実はそちらの方が安くなります(MNPの転出料金がかからない)。

ただ、ほとんどの人が電話番号をそのまま使うでしょうから、ここは「(電話番号の引き継ぎ)する」を選ぶことになると思います。

 

通話料については、LINE電話を含めず、電話番号を使って発信しているものだけの時間を入力してください。

これで終了です。後はこれでどのタイミングで乗り換えれば良いかが出てきます。

 

僕のパターンで診断してみた結果

ちなみに僕が置かれていた状況で乗り換えタイミング診断をした結果がこちら。更新月が一年くらい残った状態で乗り換えをしたんで、今回は1年後を更新月として計算して、auの3GBプラン(音声通話付)にしています。

結論としては「今」乗り換えるのが良かったとの結論に。しかも解約しておくと、解約月で乗り換えるのに比べて48690円も節約できます。たしかに計算した時、これくらいの金額になった記憶があります。

 

ちなみにもっと細かく月別で見たときにどれくらい安くなるかも分かります。格安SIMにするかしないかで、この金額の差はゾッとするぐらいの差がありますね。

 

今回は、自分と同じ状況を想定してシミュレーションしてみましたが、もちろん人によっては更新月に乗り換える方がお得な方も出てきます(特に更新月が近い人はなりやすい)。物は試しで、まずは一度診断してみる事をおすすめします。

 

端末代金がかかることを忘れてはいけない

安くなるからと言って、決して忘れてはいけないのが、ここに支払いの残りの端末代がかかること

どうせ払わないといけないので同じなんですが、あまりにも端末代が一気にかかると特に高く感じるので気をつけた方が良いでしょう。

 

ソフトバンクの人はSIMロック解除するのを忘れずに

mineoではdocomoとauの端末はそのまま使えるけど、ソフトバンクの端末は使えないと思われがちです。しかし、ソフトバンクの端末もSIMロック解除すれば使えるものがあります

詳しくは別の記事でまとめているので、よければこちらを参照してみて下さいね。

【関連記事】Softbank(ソフトバンク)からmineoにMNPで転入する方法

 

まとめ

この乗換タイミング診断は、いつ格安SIMに乗り換えれば良いのか、ある程度わかるのでとても便利。料金プランは各社でそんなに変わらないので、他の格安SIMでも使えるのもポイント(笑)。

mineo(マイネオ)にするか、他の格安SIMにするかは置いておいて、とりあえず計算してみてどれくらい違うのか確かめてみてもいいんじゃないでしょうか。

 

料金シミュレーションをしてみる ⇒ mineo