読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【安いは正義】mineo乗換でかかったauの解除料金の推移を公開するよ!!

au系格安SIMである、「mineo」。使いはじめてから、およそ4ヶ月。とても満足して使っています。

やっぱり、満足の一番の理由は安さ。

今までの通信料金を、大幅に削減することができ、月10000円近くあった料金を、月3000円ちょっとに抑えられているのは、とても助かります。

やっぱり、なんだかんだで「安いのは正義」ですから。

ただ、やっぱり解約料金等がかかってしまうのも事実です。そこで今回は「我が家の2台のスマホをmineoに変更したときのauの通信料金推移」について、記事にしたいと思います。
それでは行ってみましょう!!

解約料金の推移

f:id:tonashiba:20150809225810j:plain

まずは、実際にかかったお金の推移を表で示します。下記の表は全部で2台解約していて、1月に1台、2月に1台解約をしています。

支払い内訳

支払い月 au
1 10462
2 27488
3 19632
4 0

(ただしauの料金にはスマートバリュー1480円/台引き有り)

契約の解除料金がかかっているスゴいですね。2年以上使ってるのに、この自動更新システムはほんとに腹が立つなぁ。

さらに、MNPで、3240円(税8%)の事務手数料がかかるのも、気を付けておかないといけないところ。


どれくらいで解約料金の元が取れる?

細かく計算してみると、一台に付き解除料金が9975円、MNPの転出予約手続き2160円、mineo側の事務手数料が3260円かかってきます(全て8%税込み)。


トータルで15735円。うわっ、すごいな。


auの時は5000円くらい(端末割引料込、端末は一括購入済み)、mineoに変わってから1600円。差額4900円なので、15735÷3400=4.6か月 使うと元が取れることになりますね。

実際のところ、申し込んだ時には、キャンペーンで約600円の割引×3ヶ月というのが、あったので、もう少し安かったかな。


追記)docomo回線が始まる2015年9月はmineo史上最大のキャンペーンとして、とんでもない割引をやっているのでぜひチェックしてみてください。めっちゃオトクですよ。

まとめ

格安SIMのいいところは、何よりも名前の通り安いこと。月々の負担がとっても軽くなるので、ぜひ検討してみてはいかがですか?

特にガラケー使いの皆さん。正直、料金はガラケーとほとんど一緒ですよ。