格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

mineoのバースト機能のおかげで、速度制限かかっても割と普通に使えるよ

f:id:tonashiba:20161029203942j:plain

速度制限かかる人って意外に多いみたいです。NTT.comの調べによると、なんと3割もの女性が1週間以上、速度制限にかかった事があるという調査結果もあります。毎月かからなくても、今まで1回くらい制限にかかった人はたくさんいるんじゃないでしょうか。低速になると、イライラするんですよ、読み込みが遅くて・・・。

しかし、マイネオの場合は有難い事に、速度制限にかかっても、「バースト機能」という仕組みがあり、速度制限にかかっていても意外と快適に使えるんです。

 

バースト機能とは?

バースト機能とは、最初の一瞬だけ、4GLTEの高速通信を行う仕組みです。バースト機能を持っていない、格安SIMの場合は、最初から最後まで低速で通信を行う事になるため、比較すると遅くなってしまうのです。

 

例えば、このブログのトップページを読み込んだ場合の比較をしてみます。バースト機能を方はマイネオを、バーストモード無しの比較対象として、ワイモバイルで行いました 

まず3年前の機種であるXperiaZ3で、バースト機能を搭載しているマイネオは約23秒で読み込みが終わるという結果が得られました。

f:id:tonashiba:20161029204446p:plain

 

一方で、最新のiPhone7 Plusで、バースト機能を持たないY!mobileは2分19秒もかかる結果になってしまいました。バースト機能のあるなしで、全くスピード感が違いますね。

f:id:tonashiba:20161029204605p:plain

 

この結果からも明らかに、マイネオにはバースト機能があることで、低速状態でも通信速度がそれなりに早い事がわかります。月末に速度制限に掛かってしまった時でもバースト機能があることで、割と普通にサイトが見れちゃうのは、マイネオの嬉しいポイントです。

 

自分で低速制限をかけてもOK

マイネオの通信料を節約するための方法として、低速制限(マイネオスイッチ)があります。マイネオのアプリでスイッチ一つで切り替える仕組みの事ですね。

この場合、速度制限をかけられるわけではなく、自主的に制限をかけることになりますが、もちろんこの場合でもバースト機能の適用範囲内です。

 

低速モードでゲームはできる?

スマホでゲームやっている人多いと思います。僕もそのうちの一人。時間潰しにはピッタリですよね。 そうすると、低速モードでプレーができるのか?という事が気になる方もいるのかな、と思い、以前「mineoの低速モードでツムツムなどの人気ゲームが快適にできるのか?」という記事を書きました。

結果的に、快適にこれらのゲームが出来ており、バースト機能がしっかり効いているんだろうなぁ、というと印象を持っています。

 

テザリングは?

低速モードであったとしても、テザリングは使用可能です。もちろん、この場合にもバースト機能が適用されます。

 

まとめ

容量を使い切ってしまった時にこそ効果を発揮する、バーストモードが搭載されているマイネオは良いなと思います。いざという時に、全く使えないのは困りますから。

低速モードを使って感じるのは、最初の高速通信だけでも、意外とサイトって見れるんだなってこと。速度制限をにかかっている、いないに関わらずスピードを要求しない時は低速モードで運用するのもいいかな、と感じるくらいです。 

バースト機能が搭載されているmineoの公式HPを見てみる→mineo