読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

【auユーザー向け】mineoとUQモバイルはどっちがいいの?比較してまとめました

auユーザーなら迷うのが、端末をそのまま使うためにmineo(マイネオ)にするか、auのサブブランドであるUQモバイルにするか?ということ。

結論を先に言っておくと、爆速な速さと電話のかけ放題を求めるならUQモバイル、普通に使える速さで安さを重視したいならmineoになります。それでは、詳細の比較についていってみましょう!

mineoとUQモバイル

どちらもau回線を取り扱う格安SIMなんですが、mineoはケイ・オプティコムという、関西電力系の会社が運営しています。UQモバイルの方は、UQコミュニケーションズというau(KDDI)の子会社が運営しています。

KDDI子会社だから受けられるメリットもありますが、その分、価格面に反映されているイメージです。

 

基本の価格設定は?

まずはmineoの価格設定がこちら。mineoにはAプラン(au回線)とDプラン(docomo回線)がありますが、今回はauユーザー向けに、Aプランで書いています。まずは、何も付いていない状態での比較です。

データ量mineoUqmobile
0.5GB 1310円  
1GB 1410円 2980円
3GB 1510円 3980円
5GB 2190円  
7GB   4980円
10GB 3130円  

これだけ見ると、「mineoの方がいいね!」となりそうですが、実はUQモバイルには、最初から付与されているオプションがあります。そのオプションは下記の2つ。

  • 最初の1年間は1000円引き
  • 電話は5分なら何度でもかけ放題
  • 2年間はデータ量が2倍

最初の1年間の割引が大きいので、あえて2年の合計金額で比較すると、以下のようになります。割引を考慮してみても、UQモバイルはかなり高いです。最初から電話料金が含まれている事をどう捉えるかがポイントだと思います。

データ量mineoUqmobile
0.5GB 31440円  
1GB 33840円 59520円
3GB 36240円 83520円
5GB 52560円  
7GB   107520円
10GB 75120円  

あともう一点気をつけておきたいポイントが、mineoの場合は@mineoのメールが無料で付いてきますが、UQモバイルの場合は、月額200円かかります。ここはきちんと注意しておきたいポイントですね。

 

電話かけ放題のプランを使うといくら?

mineoには電話かけ放題のオプションがあります。このオプションを使えば、電話については、UQモバイルと条件を同じにすることができます。

データ量mineoUqmobile
0.5G 51840円  
1GB 54240円 59520円
3GB 56640円 83520円
5GB 72960円  
7GB   107520円
10GB 95520円  

電話かけ放題をつけてもやっぱりmineoの方が安いです。0.5GBと1GBのプランではほとんど差が無くなりますが、3,5GBあたりではまだ値段差があります。

ただ、みなさん普通の音声発信の電話って使うんですかね? 最近はLINE電話で済ませてしまう人が多いような気がしますし、LINEを使いこなす方が安いです。

 

 昼間の通信速度は圧倒的にUQモバイルの方が上

次に通信速度を比べてみましょう。下記のグラフはUQモバイルと、mineoで速度を比較した結果です。

今回はmineoのDプランで測定した結果を貼り付けています(Aプランで測定した結果が出れば、改めて張り替えます)。DプランとAプランでは、速度差はあるものの、傾向はそんなに変わらないので、一つの指標にしてみてください。

 

ポイントは、グラフ右側の12:00のところ。mineoだけではなく、他全ての格安SIMの特徴なんですけど、昼間の通信速度が落ちる傾向にあります。測定値としては、1Mbps以下になるので、インターネットの閲覧もちょっと厳しいくらい。

一方UQモバイルは12:00台も含めて、どの時間帯も5Mbps以上は必ず出ています。この昼間の速度低下の差がUQモバイルと、mineoの大きな違いです。UQモバイルは、値段が高い分こういう通信速度では定評があります。

 

ただし、注意して欲しいのはmineoも昼間以外はさほど速度が落ちていないということ。インターネットを使う上で、5Mbps以上出ていればYoutubeの動画も見る事ができることを考えると、12:00〜13:00以外は全く気にする必要がないんです。

 

mineoはオプション追加で昼間の速度を改善できる

mineoを申し込んだはいいけど、昼間の通信速度がちょっとしんどいなー、と思う人は少なからずいると思います。そういう人のためにプレミアムコースがあります。

月額でオプション料金として850円かかることを考えて、2年間の月額料金を比較した結果が下の表です。

データ量mineoUqmobile
0.5GB -  
1GB - 59520円
3GB - 83520円
5GB 71760円  
7GB   107520円
10GB 94320円  

 

プレミアムコースに申し込めるのは、5GB以上なので、この表では5GBと10GBだけ2年間の通信料をまとめています。正直ここまでくると、あんまりUQモバイルと変わらなくなってしまいます。

UQモバイルには5分かけ放題のオプションが付いていることを考えると、mineoにメリットがほとんどなくなってしまいます。

 

ただ、mineoのプレミアムコースの良いところは月ごとに変更ができること。つまり、「3月は昼間使わないから大丈夫だけど、4月はちょっと昼間も使いたいからプレミアムコースにしよ」ということが簡単にできます。

実はこれの恩恵を僕自身すごく感じたことがあって、妻が出産した時にプレミアムコースに入ってたんですよ。ちょうど昼間に連絡が入ったので、急いで電車調べるのにスピーディで助かりました。もし手間取ってたら、イライラしていたかもしれません。

それから、12:00台に特別インターネットを使うということがないので、メインのスマホはプレミアムコースから外しています。

 

「プレミアムコースはどれくらい速度が速いのか?」については、過去にプレミアムコースに当選した時に検証しているので、よければこちらを参考にしてみてください。

mineoのプレミアムコースに当選!スピードテスト結果まとめ 

 

こんな人は絶対UQモバイル!

auから格安SIMに乗り換えるにあたって、いろいろな注意点はありますが、絶対にmineoを選んではいけない人がいます。それは、「銀行の振込等のでキャリアメールが必須の人」。

キャリアのメールアドレス(@docomoなど)は、実はセキュリティレベルが違っていて、銀行などの振込やIDの登録等でキャリアメールを指定されていることがあります

mineoのメールは、きちんと管理されているもののこういったキャリア指定の分類には入っていません。一方で、UQモバイルのメールアドレスはキャリアメールの指定に入っています。

そのため、特定の金融機関でキャリアメールが必須になっている人はmineoを選んではいけませんよ。

 

まとめ

ちょっと内容が盛りだくさんでしたが、それぞれの違いについて詳細に説明させてもらいました。同じau系の格安SIMでもかなり違いがあることがわかってもらえたんじゃないかなと思います。

最後にもう一度結論ですが、普通の速度(ただし12:00台以外)で安さを求めるならmineo電話かけ放題を使でいつでも通信速度が速い方がよければUQモバイルで決まりです。