読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM「mineo(マイネオ)」をレビューするブログ

格安SIM「mineo(マイネオ)」の初心者向け情報や、iPhoneでの使い方などこのページで丸わかり!

XperiaZ3で写真を綺麗に撮ろう!!【マニュアルモード活用法】

スマホ(端末)情報

f:id:tonashiba:20151025082027j:plain

XperiaZ3のカメラ「プレミアムおまかせモード」って、全然おまかせできないけど、どうしたらいいんですか?

 

どうも、こんにちは、となしばです。

 

我が家では、子供が生まれてからというものスマホで写真を取る事が多くなりました。他にも、ブログで掲載するための写真も、ほとんどがXperiaZ3で撮影しています。

 

今使っているスマホはXperiaZ3とiPhone5c。オートモードなら、何故か、iPhone5cの方がハッキリ言って綺麗です。しかし、2000万画素以上あるXperiaZ3が、本来負けるはずがない!

 

そこで、今回は「XperiaZ3」で如何に綺麗に取れるかに焦点を当て、後々に残せる写真の撮り方を紹介したいと思います。

 

それでは、行ってみましょう!! 

 

写真の撮影モードについて

プレミアムおまかせモードの場合

f:id:tonashiba:20151024152056j:plain

まずは、プレミアムおまかせモードで、普通に撮影した写真をご紹介。こちらは部屋の中で太陽光のみで撮影を行ったものです。

 

なんだか、XperiaZ3は、写真が青みがかって写るイメージですね。青が強く出るので、食事を撮ってもおいしくなさそうにみえる、いわゆる「メシマズ」カメラと、揶揄されるのでしょう。

 

特に水が青いのがよくわかります。また青がきついせいか、全体が暗い。

 

マニュアルモードの設定

カメラモードでマニュアルを選択します。ちなみに僕はいつも、すぐにマニュアルカメラに飛ぶことができるようにホーム画面に配置しています。

 

f:id:tonashiba:20151025081511p:plain

 

マニュアルモードでカメラを開くと、左側に上下のバー(あみだくじみたいな)のボタンが出てきます。これで、露光源を選択すると、色が調整され、写真の見え方が変わってきます

 

f:id:tonashiba:20151025081546p:plain

 

たとえば、こちらが、太陽光の下で撮るモードとして撮影したもの。

 

f:id:tonashiba:20151024152055j:plain

 

プレミアムオートと異なり、青色が薄くなっているのがよくわかります。花の色もすごく自然に映っており、そのまんま、サムネイルにできそうです。

 

次がこちら、白熱灯の下で撮影するモードとして、撮影したもの。白熱灯の黄色味を消すために、かなり青味の強いモードになっていますね。

 

なんだか、うすら寒くて、怖い感じの写真になっちゃいました。幽霊が出てきそう

 

f:id:tonashiba:20151024152054j:plain

 

こちらは蛍光灯モードで撮ったバージョン。太陽光に近い結果になっています。

 

ちょっと、黄色みが強くなりすぎている気もしますが、まだ白熱灯設定や、プレミアムオート設定よりも断然綺麗です。

 

f:id:tonashiba:20151024152057j:plain

  

写真のフォーカスについて

タッチフォーカスでボケ感をプラス

マニュアルモードであれば、シングルオート、マルチオート、顔検出、タッチ、追尾の5種類のフォーカスモードが使えます。

 

この中でお手軽にボケ感を調整できるのが、タッチオートフォーカス。まずは写真をご覧あれ。こちらが、花にピントを合わせたもの。

 

f:id:tonashiba:20151024152052j:plain

今回は左前のピンクの花にタッチして、焦点を合わせました。背景の机のラインがボケさせています。

 

一方、後ろの壁をタッチしてピントを合わせた場合がこちらです。

 

f:id:tonashiba:20151024152053j:plain

 

花のボケ具合が凄いですね。これだけボケてくれると後ろのラインが際立ちます。

 

まとめ

以上、紹介したようにメシマズカメラと揶揄されるXperiaZ3は、マニュアルモードで撮影することにより、温かみがあり、綺麗で、優しい描写が可能になります

 

Xperiaシリーズで使える技術ですので、ぜひとも写真がうまく取れないな~、とかTwitterに挙げる写真を一味違う描写にしたい!!と思っている人は、一度試されては如何でしょうか。